Redmi 10 JEに搭載のSD480の性能はどれくらい?Xperia 10 IIIなどとのベンチマーク比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日シャオミが正式発表した最新Redmiモデル、Redmi Note 10 JE XIG02。

当サイトでのRedmi Note 10sが発表される、という予想は見事に外れました。(期待をされていた方、申し訳ありませんでした。)
ただ、技適を通過済みの「M2101K6R」がRedmi Note 10sであることは枚がいなさそうなので、同モデルが今後日本でリリースされる可能性はかなり高いと思われます。

さて、気を取り直してこのRedmi Note 10 JEについて。

このモデル、外観としてはすでに海外で展開されているRedmi Note 10と全く同じで、すが、特徴としては:

  • Xiaomiとしては初のSnapdragon 480を搭載
  • 同社のミッドレンジ/エントリーとしてはおそらく初?となる防水防塵、IP68レーティング
  • おサイフ(Felica)対応

つまり、多くの国内ユーザーが必須としている条件を満たしているミッドレンジ、ということで、かなり人気が出そうな機種です。

ただ、やはり気になるのはその性能。

Redmi Note 10 JEとライバル機種の性能比較

同モデルに搭載のSnapdragon 480はクアルコムのSnapdragon 400番台としては初の5G対応チップで、国内で同モデルを搭載するもでるはまだOPPO A54 5Gしかありません。

というわけで今回はこのSnapdragon 480搭載のRedemi Note 10 JEが同世代のミッドレンジモデルと比較してどの程度の性能なのか、という点を見てみたいと思います。

このRedmi Note 10 JE、ライバル機種として購入時に検討される他機種はおそらくSnapdragon 690を搭載のXperia 10 IIIやAQUOS sense5Gではないでしょうか。

というわけで、ここではNANOREVIEW.NET上のCPU比較データを参考にして、SD480とSD690のAntutuおよびGeekbenchのベンチマークスコア比較をしてみました。

SD480SD690
Antutu 8
合計
265182286647
Antutu 8
CPU
96013106188
Antutu 8
GPU
8425362482
GeekBench 5
シングルコア
515616
GeekBench 5
マルチコア
16821865

SD400番台とSD600番台の比較なので総合スコアでSD690がSD480をわ回るのは当たり前ですが、意外と差は大きくない、という印象です。

また、興味深いのはAntutuのGPUスコアで格下のSD480の方がかなりスコアが上、という点。

両チップのスペックを比べる限り、SD480のGPU性能がSD690を上回る要素は見られないので、ひょっとすると計測値がたまたまよかった、という可能性もあります。

一方、実際のGeekbenchでSD480搭載のNokia X10とドコモ版Xperia 10 IIIのスコアを比べてみたところ:

Nokia X10 (SD480)↓

Xperia 10 III (SD690)↓

SD480は安定して1600ポイント台なのに対し、SD690は1500~1700ポイントと結構ブレが大きい印象です。

いずれにせよ、このSD480とSD690、ティアの異なるチップにしては性能差は意外とない、という感じです。
ただ、SD690は昨年後半にリリースされたチップ、そしてSD480は今年前半にリリースされた最新チップなので、その時間差を考慮するとこの「性能差の小ささ」も納得できるような気もします。

なお、このRedmi Note 10 JEのauでの一括価格は28,765円で一方のXperia 10 IIIは53,985円、AQUOS sense5Gは39,890円です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xiaomi/Redmi
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました