AQUOS sense6の4GB RAMと6GBRAMモデル、ベンチマーク性能で若干の違い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
a

シャープのSD690搭載最新ミッドレンジモデル、AQUOS sense6。

同モデルは秋にキャリア及び一部MVNOから4GB+64GBが先行リリースされ、つい先日、6GB+128GBモデルのSIMフリーモデルが発売となりました。

一方、ドモデルの4GB+64GBでは物足りないと感じ6GB+128GB版を待っていた、というユーザーも結構多いという印象です。

となると、メモリとストレージ以外は全く同じモデルですが、両者の性能の違いは気になるところ。

というわけで今回はこのAQUOS sense6の4GB+64GBモデルと6GB+128GBモデルでベンチマーク上での性能にどういった違いがあるのか、という点を調べてみました。

AQUOS sense6、4GBモデルと6GBモデルの性能比較

以下は12月31日までにGeekbenchで見つかっているAQUOS sense6 SH-M19のベンチマークスコア(マルチコア)をまとめたもの。

4GBモデル6GBモデル
12131691
15421716
16121622
16621674
16931665
14211627
13141538
16451567
16641626
16561645
16611700
17251706
15511560
1677
1374
1607
1624
1556

平均を取ると4GBモデルは15676GBモデルは1641ポイントとなっており、6GBモデルの方が5%ほどスコアは高め
ただ、この程度ならば誤差の範囲とも言えそうです。

また、両モデルとも高めのスコアでは1700ポイント台を出しており、「最高性能」という点では差はなさそうです。

ただ、興味深いのはスコアのバラつき
ご覧のように6GBモデルは安定して1500ポイント以上を出しているのに対し、4GBモデルでは1500ポイントを下回るスコアがちらほら。中には1200ポイント台のスコアもあります。

通常、同一機種の場合、RAMサイズでベンチマークスコアに差が出ることはあまりありません。
ただ、これはあくまで8GB vs 12GBといった十分なRAMサイズの話であって、4GB vs 6GBといった「ギリギリ」のレベルだと差が出る場合もありそう。

この違いが実使用での動作にどの程度影響が出るのかは不明ですが、ベンチマークを見る限りでは6GB RAM版にはそれなりのアドバンテージがありそうです。

ソース: Geekbench

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AQUOS
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました