【検証】Android 11にアップデートしたGalaxy S20シリーズでベンチマークスコア低下の可能性

スポンサーリンク

先週から始まったGalaxy S20シリーズ向けのAndroid 11。

まだ海外の一部の国・地域のみが対象で国内版にアップデートがされるのはおそらく早くて年末、おそらく来年1月以降になりそうです。

そんなGalaxy S20シリーズのAndroid 11ですが、一部でAndroid 10搭載時と比べて性能が低下している可能性がでてきました。

Android 10→Android 11でベンチスコア低下

以下はAndroid 10とAndroid 11のGeekbenchでのベンチマークスコア結果。

Android 10搭載Galaxy S20シリーズ↓

Android 11搭載Galaxy S20シリーズ↓

ざっと見ただけでもAndroid 11を搭載したGalaxy S20シリーズの方がスコアが低くなっているのが分かると思いますが、念のため集計。

以下はAndroid 10とAndroid 11を搭載したGalaxy S20シリーズ(すべてSD865搭載版)の期近25回分のベンチマークスコア平均と中間値です。

Android 10Android 11
シングルコア
(平均値)
815823
シングルコア
(中間値)
868833
マルチコア
(平均値)
30262756
マルチコア
(中間値)
30952829

シングルコアのスコア差は誤差の範囲とも言えますが、マルチコアの差は平均値でも中間値でも1割弱の違いがあり、これは統計的にも十分有意なのではないかと思われます。

つまり、Galaxy S20シリーズ(少なくともSD865搭載版)はAndroid 10→Android 11へのアップデートでベンチマークスコア上の性能が下がる、ということに。

Android 11安定版でクロック制御?

Galaxy S20シリーズのベンチマークスコアはAndroid 10時代からXperia 5 IIやXperia 1 IIなど、他のSD865と比べると低めでした。

一方、それでもAndroid 10ではマルチコアが3000ポイントを超えることは珍しくありませんでした。

が、このGalaxy S20シリーズ向けのAndroid 11正式版提供開始以降のベンチマークスコアで3000ポイント超えている測定結果は一つもありません

一方で、Android 11ベータ版の頃のスコアを見ると:

3000ポイント以上がズラリ。Android 10のS20シリーズよりも全体的にスコアはアップしているという印象です。

つまり、Galaxy S20シリーズのAndroid 11はベータ版→正式版に移行する段階で何らかの変更が加えられ、性能が低下、もしくは意図的にクロック制御などがされた可能性が高そう。

ちなみにすでにAndroid 11アップデートが配布済みのPixel (Pixel 4a以前)のモデルではAndroid 10→11での性能低下は特に見当たりません。

そういえば、Galaxy S20シリーズはベータ版の最終段階で動作がもたつくと言った報告がありましたが、何かこれと関連があるのでしょうか。

ただ、他の機種につてはまだ不明。今後のXperiaやAQUOSといったSD865搭載機のAndroid 11アップデートも注視していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました