Pixel 6 Proの気になるカメラ評価、iPhone 13 Proにはわずかに及ばずも「セルフィ―」では勝利!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pixel 6シリーズ上位モデルのPixel 6 Pro。
自社製チップTensorの搭載加え、同じくらい注目されているのがカメラ性能の進化で、同モデルではリアカメラだけでなく、フロントカメラも一新されています。

そして今回、有名カメラレビューサイト、DXOMarkにこのPixel 6 Proのリアカメラおよびフロントカメラ(セルフィ―カメラ)の評価記事を掲載していました。

Pixel 6 Proのカメラ、iPhone 13 Proには及ばずもGalaxy S21 Ultraには勝利

同サイトによるPixel 6 Proのカメラ評価は総合で135ポイント

ライバル機種と評されるiPhone 13 Pro/Pro Maxには2点及ばずですが、ランキングでは7位
126ポイントのGalaxy S21 Ultraと比較しても大きな差をつけています。

評価の内訳をみると「カラー」や「テクスチャ」の評価が高くなっています。

Pixel 6 Proのカメラの長所・短所

長所

  • 明るい場所や室内での撮影、動画でのディテールが良い
  • シャドー部のディテールとコントラストが良い
  • 写真やビデオの色がきれいで正確
  • 明るい場所や室内での高速かつ正確なオートフォーカス
  • 長距離撮影時の優れたディテール
  • 効果的なビデオ手ぶれ補正
  • 動画での良好な露出と広いダイナミックレンジ

短所

  • 被写界深度が狭いため、グループ撮影時に背景の被写体がぼやける
  • 屋内および低照度下での撮影時に発生するノイズ
  • ボケ味のある写真では深度推定に誤差が生じ、不安定になる
  • プレビューではボケ味が確認できない
  • 超広角カメラだが、他社製品と比較して広さで劣る
  • 動画における色の不安定さとノイズ
  • 低照度下でのビデオのオートフォーカスが不安定になることがある

Pixel 6 Proのフロントカメラ評価

Pixel 6 Proの前面カメラの総合評価は102ポイント。

これは66機種中4位でトップのHuawei P50 Proとは4ポイント差です。

なぜかランキングにはまだPixel 6 Proは未掲載

また、最新iPhone、iPhone 13 Pro/Pro MaxやGalaxy S21 Ultraといったライバル機種よりも高い評価となっています。

前モデルのPixel 5の同評価が94ポイントなので、前面カメラの性能が大きく向上したことは間違いなさそうです。

なお、同モデルのセルフィ―カメラの長所・短所については:

長所

  • 写真でもビデオでも、おおむね良好な露出
  • 正確なホワイトバランスと美しい発色
  • ノイズが抑制されている
  • ビデオのダイナミックレンジがかなり広い
  • 中性的なホワイトバランスと美しい肌色のビデオ
  • ビデオの手ぶれ補正効果

短所

  • ディテールが失われる
  • 近距離(30cm)では顔にピントが合わない
  • ボケモードではぼかしのグラデーションがない
  • ビデオクリップのノイズ、特に低照度下でのノイズ
  • 低照度ビデオでのディテールの欠落
  • 明るい場所や室内のビデオで、顔の色が変化したり、過度にシャープになったりする

ソース:DXOMark

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Androidスマホ全般
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました