Xperia Pro-Iのカメラ、iPhone 13 Proと互角以上でも「万人向けではない」「忍耐が必要」との評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日ソニーが発表した新型Xperia、「Xperia Pro-I」。
発表前の大々的なティザープロモの展開からすと、スペック・機能面での「サプライズ度」という意味では少し期待はずれだったという印象があります。

ただ、その「カメラ重視」の実力については予想を超える性能を発揮しているようです。

GSMArenaが掲載していたXperia Pro-Iのレビュー記事の中で、このXperia Pro-Iとiphone 13 Pro Maxで撮影した画像のカメラ比較を掲載していました。

iPhone 13 Pro Maxと互角以上の戦い

まずは日中野外撮影↓
(以下すべて上の画像がXperia Pro-Iのもの、下がiPhone 13 Pro Maxのものです)

日中野外撮影での比較では個人的には互角、あるいは「好みの問題」という気がしますが、GSMArenaは両者について:

(Xperia Pro-Iで撮影した画像は)葉や草、人や建物など、すべてのものがより有機的で、リアルに見えます。

アップルは写真を加工しすぎて、しばしば紅葉を台無しにしたり、人の顔が油絵のように見えたり、色が正確なのにくすんでいたりします。

Xperiaに対して辛口な傾向のある同サイトとしては珍しい逆の評価。

一方、暗所・夜間撮影の比較では:

Xperiaで撮影した画像とiPhone 13 Proで撮影した画像を比較すると、ディテールや色表現においてソニーが優れていることがよくわかります。すべてが自然でカラフルに見えます。Xperiaではハイライトが飛んでしまうことがありますが、これは特に大きな光の帯がある場合で、Appleが最も得意とするところです。

ここで、iPhoneのサンプルを比較してみましょう(オートナイトモードで撮影)。ハイライトが得意なのと、シャドーが明るいかどうかは別として、加工していない自然な感じや色味ではXperiaが勝っています。

Xperiaの欠点、iPhoneの優れた点を指摘しながらも、全体としてはXperiaに軍配、という評価に受け取れます。

iPhone 13 Pro/Pro MaxのカメラはDXOMarkのカメラ評価でもトップではありません。
ただ、トップ「クラス」であることは疑いようがなく、同モデルがカメラ性能を評価する上で一つのベンチマークとなっていることは事実。

そういった意味で、このXperia Pro-Iが大手サイトからiPhone 13 Pro Maxに対して互角以上の評価を受けた、という意味は大きいように思えます。

なお、ここで紹介した画像はごく一部なので、元記事を見ていただくと、どちらの作画が自分の好みかがハッキリすると思います。

それでもやっぱり「Xperia」

ちなみに今回の比較で個人的に印象的だったのは最後のまとめの部分の一部分:

Xperia Pro-Iは万人向けではありませんし、潜在的に誤解されている可能性もあります。キーを押して、フィルターをかけて、送信ボタンを押すだけというような、一般的なiPhoneブロガーには向いていません。そのためには、技術と忍耐力、そして写真やビデオ撮影に対する深い理解が必要です。

要は、このXperia Pro-Iで「良い写真」を取るにはある程度の技術と忍耐力が必要、ということ。

ただ、ほとんどのユーザーは良い写真を取るために「忍耐」はしたくないはず。

これについては過去のXperiaでもよく言われていたことですが、やはりこの部分に関してはXperiaの「変わらない部分」のようですね。

ソース:GSMARENA

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iPhoneXperia
スマホダイジェスト

コメント

  1. 匿名 より:

    技術と忍耐??
    カメラはマニュアルで撮るのが一番面白いしそれほど難しい知識も必要無い。
    ぶっちゃけ最近のゲームのルールを覚える知能があれば誰でも覚えられるレベル。
    それに技術と言っても設定してシャッターを押すだけだよ?

  2. 訪問者 より:

    夜景がしっかり撮れるようになっているのは素晴らしいと思う。

タイトルとURLをコピーしました