Galaxy S22 Ulraの詳細カメラスペックがリーク、3/4がソニー製センサーに

スポンサーリンク
スポンサーリンク

来年の1月中に発表・リリースされると噂されている次世代Galaxyフラッグシップ、Galaxy S22シリーズ。

この最上位モデルとなる、Galaxy S22 Ultraのカメラ仕様についての詳細情報がリークされていました。

Samsung Galaxy S22 Ultra カメラスペック

108MPプライマリカメラ
HM3の改良版
センサーサイズ:1/1.33インチ
ピクセルサイズ: 0.8µm
開放値:F1.8
視野角:85°

12MP超広角カメラ
0.6倍
ソニー製センサー
センサーサイズ:1/2.55インチ
画素サイズ:1.4μm
開口部:F/2.2
視野角:120°

10MP望遠カメラ
3倍ズーム
ソニー製新型センサー
センサーサイズ:1/3.52インチ
画素サイズ:1.12μm
開放値:F2.4
視野角 36°

10MPペリスコープカメラ
10倍ズーム
ソニー製新型センサー
センサーサイズ:1/3.52インチ
画素サイズ:1.12μm
絞り:F4.9
視野角:11°

ご覧のように4つのリアカメラの画素数はすべて前モデルのGalaxy S22 Ultraから据え置き。

メインカメラは現行の「HM3の改良版」とのことで、「HM4」にはならないようで、また、それ以外の3つのセンサー、つまり3/4はソニー製になるようです。

一方、Galaxy S21 Ultraのカメラセンサーはというと:

リアカメラでソニー製センサーを使用しているのは超広角のみだったので、S22 Ultraでは望遠とペリスコープカメラのセンサーがサムスン製→ソニー製に移行する、ということになります。

ちなみにこれまでの噂ではこのGalaxy S22 Ultraは、リフレッシュレート120HZの6.8インチQHD+ LTPO AMOLEDディスプレイを搭載すると噂されています。

一方、チップセットは、地域によってExynos 2200とSnapdragon 898が搭載されると予想されていますが、SD898搭載モデルが展開される地域が減り、大部分がExynosチップ搭載になると言われています。
そして、一部情報では日本版に関してもExynosチップ搭載版となるという噂もあります。

ソース:Gizmochina

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました