Xperia 5 Vの価格とスペック新情報、1 V以上の機能廃止で前モデルより安くなるとのリーク

ソニーの未発表・新型Xperiaと言えばXperia 1 Vの兄弟機でコンパクトフラッグシップの「Xperia 5 V」。

同モデルに関してこれまでに出てきている比較的信頼性の高い情報といえば、ディスプレイサイズが6.05インチと前モデルより若干小さくなる、という点とくらい。

しかし今回、このXperia 5 Vの価格とスペックに関する新情報がリークされていました。

Reddit上にWeiboで発見された情報として投稿されていたもので、内容としては:

Xperia 5 VはIVとほぼ同じ値段か安くなりますが、コストダウンのためにXperia 1 Vよりもさらに多くの機能が排除されています。

ご存知の方も多いとは思いますが、Xperia 1 VではIVまで搭載されていた3D ToFセンサーやRGB-IRカラーセンサーが廃止。
さらにXperiaとしては初めて?前面の通知LEDランプも廃止されています。
また、カメラ周りのケースを一枚硝子から金属製に変えており、これもコストカットの一環と噂されています。
(それでも価格は前モデルのXperia 1 IVより高くなっていますが)

一方、今回のリーク情報によると次世代Xperia 5ではこれよりも「さらに」機能が排除されるとのことですが、Xperia 5シリーズは元々ToFセンサーが非搭載など、Xperia 1シリーズの一部で機能機能が削られている部分がありました。

そしてさすがに超広角や望遠カメラを削るというのは考えにくいところ。

よって、カメラ周りでこれ以上の生産コストダウンにつながるような機能廃止、と言われてもピンときません。

一方で、今更Xperia 5シリーズだけでイヤフォンジャックやmicroSDカードスロットを廃止、というのも非現実的です。

そういえばXperia 5シリーズはIIIまでワイヤレス充電非対応で、IVで初めて対応しました。
ひょっとしてXperia 5 Vではこれを「再非対応」とする可能性もあるのでしょうか。

ソース

Xperia
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント