新型コンパクトXperiaのスペックがリーク Xperia ACE IVは大幅アップグレードか

2022年の最後のモデルと言われていた新型Xperia Proのリリースの可能性が低くなってきたこともあり、2023年モデルに注目しだしている方も多い模様。

一方、次世代Xperiaといえば、Xperia 1 Vなどのハイエンドモデルが気になるところですが、今回、2023年のXperiaラインナップの中で最廉価モデルとなるであろう新型Xperiaのスペック情報がリークされていました。

次世代のエントリーモデルのXperiaのスペック、とあるだけで機種名などは記載されていません。

ただ、ディスプレイサイズは5.5インチとかなり小型。
これはXperia ACE IIIと「インチ数」では同じですが、このモデルを「Xperia ACE IV」と仮定すると、かなり大幅なスペックアップとなります。

まず、チップセットについてはACE IIIがSnapdragon 480搭載なので、次期モデルのSnapdragon 4 Gen1搭載は順当な進化、といったところ。

ただ、ディスプレイだけを見ても大きく仕様がアップグレードされています。
まず、スクリーンがLCDからOLEDとなり画面解像度も前モデルのHD+→FHD+へアップグレード

また、スクリーンのアスペクト比についても興味深いところ。
Xperia ACEシリーズは現行Xperiaシリーズで唯一21:9ではなく約19:9のアスペクト比でしたが、この新型モデルは他のXperiaモデルと同じ21:9になる、という点。

ディスプレイサイズはXperia ACE IIIと同じインチ数ですが、21:9とのことなので、これだとかなり小さく、というか細く感じると思われます。

さらにメモリも6GB搭載でストレージも128GBにアップグレードされる模様(ACE IIIは4GB/64GB)。

バッテリー容量は4500mAhとACE IIIと同じですが、充電周りに関してはXperia 10シリーズ並みになるようです。

Xperia ACE IVはエントリー→ミッドレンジに出世?

これがもしXperia ACE IIIの後継機の「Xperia ACE IV」であれば、チップセット以外はエントリーモデル→ミッドレンジモデルに出世、といった感じに。

いずれにせよ、特に国内では小型ミッドレンジモデルへの需要、というのは常に安定しているという印象なので、どういった機種名・位置づけの機種にせよ、この2023年版新型コンパクトXperiaはなかなか興味深い機種となりそうです。

なお、Snapdragon 4 Gen1ですが、まだ搭載機種がほとんどなく、情報量は限定的。
ただ、世界で最初に同チップを搭載してリリースされる「iQOO Z6 Lite」の公式情報によると、同モデルのAntutuスコアは約39万ポイント。
よって、このSD4Gen1は今年のSnapdragon 695くらいの性能はありそうです。

ソース:weibo via reddit

Xperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント