Xperia ACE IVにも搭載?最新エントリー向けSnapdragon 4 Gen1の性能はどれくらい?

クアルコムの最新ミッドレンジ向けチップセット、と言えばSnapdragon 7 Gen1やSnapdragon 6 Gen1ですが、その下位チップとなるのがSnapdragon 4 Gen1。

少し前にクアルコムが正式発表をした次世代エントリーモデル向けのチップセットで今年、国内でもXperia ACE IIIをはじめとする何機種かに搭載されたSnapdragon 480 5Gの後継チップセットという位置づけです。

一方、このSD4Gen1を搭載した機種、というのはまだほとんど存在せず、唯一正式に同チップの搭載を明らかにしているのがVivoのサブブランド、iQOOの「iQOO Z6 Lite」。

そして今回、iQOOが同モデルのAntutuにおけるベンチマークスコアを公開していました。

SD4Gen1搭載の同モデルのAntutuベンチマークスコアは約39万ポイント
MediatekのDimensity 700やSnapdragon 680よりもかなり高めのスコア。

一方、他のAntutuで約39万ポイントというと:

nanoreview.netより

Dimensity 800Uと同程度、SnapdragonでいうとSnapdragon 765より少し上、Snapdragon 695より少し下、といったところ。

もし来年リリースされるであろうソニーの次世代エントリーモデル、Xperia ACE IVのチップセットが順当に進化し、このこのSD4Gen1が搭載されるとすると、性能的には今年のXperia 10 IVと同程度、ということになりそうですね。

ソース:iQOO

Xperia
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント