Xperia Pro-Iのカメラ構成が判明、リアはすべてソニー製センサー

ソニーが先日発表した最新ハイエンド「カメラ」スマホ、Xperia Pro-I(「エクスペリア プロ-マークワン」ではなく「エクスペリア プロ-アイ」と読むんですね)。

有名リーカーのZackbucks氏がこのXperia Pro-Iに搭載のカメラについて最新情報を提供していました。

XperiaPRO-Iのカメラ仕様:
超広角:IMX363 12MP 1 / 2.55 ” 1.4um
望遠:IMX486 12MP 1 / 2.9 ” 1.25um
メインカメラ:(IMX383と言われています)20.1MP 3:2 1 ” Exmor RS BSI CMOSは12MP4:3で使用するようにトリミングされていますが、実際のピクセルサイズはRX100VIIと同じ2.4umのままです。

なお、同氏が「望遠」と呼んでいるIMX486は公式スペックでは「標準」、「メインカメラ」は「広角」と呼ばれています。

Xperia Pro-Iの公式カメラスペック

このメイン/広角カメラのセンサーがIMX383という点については同氏も100%確実とは言えないようで、公式スペックには記載されていません。
ただ、大手メディアの記事などからしてサイバーショット、RX10シリーズと同じものを搭載しているとみて間違いなさそう。

一方、望遠/標準のIMX486については2018年にリリースの古めのセンサーでXperiaではXperia 10 Plusに搭載されていたセンサーの模様。
カメラ主役のハイエンドにこのセンサーを採用、というのはちょっと意外です。

ちなみに以下はXperia 1 IIIのリアカメラの仕様:

IMX663 (望遠)
IMX316 (ToF)
IMX557 (メイン/広角)
IMX363 (超広角)

ご覧のように3つのカメラのうち、Xperia Pro-IとXperia 1 IIIで共通なのは超広角のIMX363だけ、ということになります。

一方、Xperia Pro-Iのフロントカメラのメーカーや型番は不明ですが、スペックからするとXperia 1 IIIと同じISOCELL s5k4h7ではないかと思われます。

なお、ここで紹介した内容はいずれも「公式」なものではなく、間違っている可能性もあるので、その点は予めご了承ください。

ソース:Weibo (Zackbucks)

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました