スポンサーリンク

新型Xperia、電池持ちならXperia 5 IIIの一択!Xperia 1 IIIより相当良さそう、初レビュー記事!

スポンサーリンク

Xperia 1 IIIの弟分で、小型版2021年ハイエンドフラッグシップ、といえばXperia 5 III。
一方井、同モデルについては国内ではまだ発売予定は未定、海外でも未発売で公式以外ではほとんど実機画像すらみかけません。

そんな中、GSMArenaがおそらく初となるこのXperia 5 IIIのレビュー記事を掲載、その中に興味深いバッテリー持ちについての評価もありました。

同サイトによるXperia 5 IIIのバッテリー持ち評価は100h。

一方、兄弟モデルのXperia 1 IIIの評価は:

Xperia 5 IIIの電池持ちはXperia 1 IIIと比べて2割強良い、ということになります。

Xperia 5 IIIとXperia 1 IIIは同じ4500mAhバッテリーを搭載しているので、この差はディスプレイサイズや解像度の違いによるもの、ということに。

実際、画面が消えている状態で測定されると思われる3G通話時の電池持ち時間にはほとんど違いがありません。

一方、ウェブブラウジングや動画再生におけるバッテリー持ちにはかなり大きな違いが。
Xperia 5 IIIのブラウジング時のバッテリー持ちはXperia 1 IIIの約1.4倍、動画再生時においては1.7倍もの差があります。

ただ、このXperia 5 IIIの電池持ち、前モデルのXperia 5 IIと比べると:

Xperia 5 III異なり、120Hzと60Hzリフレッシュレートで分けて計測されているので一概には言えませんが、いずれのリフレッシュレートでもXperia 5 IIIの方が若干電池持ちは悪い、ということに。

一方、Xperia 5 IIIは前モデルのXperia 5 IIとからバッテリー容量が4000mAh→4500mAhに増量されており、スクリーンサイズや解像度、対応リフレッシュレートにも変化はありません。

それにもかかわらず、バッテリー持ちが「良くて同じくらい」というのは、やはりSnapdragon 888の燃費の悪さに起因しているのかもしれません。

ちなみにXperia 5 IIIは先日、国内キャリア版と思われるモデルがFCC認証を通過していますが、確実に国内キャリア版とは断定はできません。
個人的には国内でも秋冬モデルとして投入されて「当然」と思ってはいますが、こればかりはまだ誰にも確かなことは言えません。

ソース: GSMArena

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia
スマホダイジェスト

コメント

  1. えくすぺりあ より:

    電池の持ちなら5III一択ではなくて、5IIを選んだ方が良いのでは?

タイトルとURLをコピーしました