グーグル、低価格Pixelのリリース予定なしを明言「妥協点が多すぎる」

Googleの2024年フラッグシップ、Pixel 8シリーズが発表されたことで、ユーザーの次の関心事はミッドレンジの “a “シリーズPixel、Pixel 8aに移り始めているという印象。

一方、Android Policeによると、一部ではさらに安価なPixelスマホの登場を求める声も高まっているとか。

そんな中、Google幹部がその可能性について完全に否定をした模様です。

低コストPixelは「妥協が多すぎる」

グーグルモバイルビジネス担当副社長のナンダ・ラマチャンドラン氏が、Der Standard(独語)に対して語ったもので、これによると同社には現時点で「低価格のPixel端末を投入する計画はない」と語ったとのこと。

また、同氏は、強力なカメラ、セキュリティフレームワークのような属性を200ユーロ/200ドルで提供するすることは「あまりにも多くの妥協を必要とする 」とも付け加えており、要は、この価格帯ではGoogleが最低限必要とするスペックや性能を持つ端末を作ることが不可能、ということ。

200ユーロ/300ドル前後のスマホ、というと国内では3万円前後の機種、ということになると思いますが、確かに日本でもこの価格帯のスマホへの需要はかなりあるという印象です。

ただ、国内ではRedmiやOppo、Motorolaといった中国メーカーの機種がその需要の大半を満たしており、特にPixelでさらなる低コストモデルを欲する声は上がってきていないようにも思えます。

ちなみに、数か月前にはGoogleがPixel aシリーズの廃止、あるいは隔年リリースを検討しているという噂もでていましたが、先日、Pixel 8aのものとされる実機画像や、同機種のものと思われるベンチマークスコアも発見されています。

よって、低コストではありませんが「廉価版Pixel」のPixel 8aは来年初夏にリリースされるとみて間違いなさそうです。

ソース

Androidスマホ全般Pixel
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました