Nothing Phone (2)は画面サイズも電池容量もOSアプデサポートもアップ!

イギリスのNothing Technologyが展開するNothing Phoneシリーズ。

この2世代目となる「Nothing Phone (2)」は今夏にリリースされると言われており、チップセットにはすでにSnapdragon 8+ Gen1が搭載されることも明らかになっています。

そして今回、このNothing Phone (2)についてさらに一歩踏み込んだ新たな情報がでてきました。

「Nothing」公式アカウントが同社のSDGsへの取り組みの一環としてOSアップデートを3回、セキュリティーアップデートのサポート期間を4年間にする、とのこと。

また、バッテリーサイズも前モデルの4500mAhから200mAh増量され4700mAhに。

さらにディスプレイサイズも0.15インチ大きい6.7インチになる模様です。

ちなみに本件とは少しずれますが、このNothing Phone (2)、公開されている裏面のレンダリング画像を拡大してみると:

小さな突起がたくさんあり、なんだかXperia 1 Vの裏面の加工とよく似ていますね。

昨年の初代Nothing Phone (1)は国内でもSIMフリー版がMVNOなどから展開されましたが、かなり高めの価格設定だったためか、注目度の割にはあまり売れなかった、という印象がぬぐえません。

今回のNothing Phone (2)もおそらく日本で展開されるとは思いますが、やはりキーは「価格」となりそうですね。

Androidスマホ全般
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント