OppoやXiaomiなど複数メーカーがSM7475搭載モデルをリリースへ、初号機は今月末発表

クアルコムが近々発表することが予想されている同社のアッパーミドル向け最新チップセット、「SM7475」。

まだ正式なチップ名は判明しておらず、Snapdragon 7+ Gen1かSnapdragon 7 Gen2になると言われていますが、今回、この「SM7475」について有名リーカーが新情報をリークしていました。

Digital Chat Station氏からのもので、これによると、クアルコムの未発表新型チップセット「SM7475」を搭載した機種はXiaomi、Reame、Honor、Oppo、Vivoといった複数メーカーからリリースされ、最初のモデルは今月末にも発表される、とのこと。

なお、このSM7475はTSMCの4nmプロセスで製造。
性能的には昨年のSnapdragon 8 Gen1より上で、そのアップグレード版、Snapdragon 8+ Gen1と同程度になると言われています。

ちなみに、既存最新のSD7シリーズチップセットはSnapdragon 7 Gen1ですが、搭載機種はまだかなり少ないのが現状。(有名どころではXiaomi 13 Lite 5Gくらい)
この感じだと、このSD7Gen1はこのまま搭載機種数が増えることもなく、今回の「SM7475」に取って代わられることになりそうです。

ソース:weibo

OppoXiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント