今夏新作スマホの主役チップ「SD695」の性能ってどれくらい?

ここ最近で発表された新型スマートフォン、と言えばSnapdragon 695搭載モデルが「豊作」。

各キャリア及びSIMフリーとして国内でリリース済み、あるいはリリース予定の機種だけで以下の5モデルが存在します

  • Xperia 10 IV:ドコモ、au、ソフトバンク (7月上旬発売予定)
  • AQUOS sense6s:au(発売済み)
  • AQUOS wish2:ドコモ(6月下旬発売予定)
  • Moto G52J:SIMフリー (6月3日発売予定)
  • Redmi Note 11 Pro 5G:楽天モバイル、SIMフリー (5月3日発売予定)

同チップは、昨年複数のミッドレンジに搭載されたSnapdragon 690 5Gの後継チップ、という位置づけで、正当なスペック進化を遂げています。

というわけで、今回はまず、このSnapdragon 695 5Gのベンチマーク上の性能がどの程度か、という点を見てみたいと思います。

Snapdragon 695 5Gと他チップのスペック比較

SD695 SD690 SD765G
CPU
アーキテクチャ
– 2x 2.2 GHz
Cortex-A78
– 6x 1.7 GHz
Cortex-A55
– 2x 2 GHz
Cortex-A77
– 6x 1.7 GHz
Cortex-A55
– 1x 2.3 GHz
Cortex-A76
– 1x 2.2 GHz
Cortex-A76
– 6x 1.8 GHz
Cortex-A55
プロセス6nm8nm7nm
GPUAdreno 619Adreno 619LAdreno 620
データ参照:nanoriview.net

GPUなど、スペック面ではワンランク上のSD765Gが上回っている面もありますが、プロセスはSD765Gが7nmなのに対しSD695は6nm。
よって、電力効率という点ではSD695に軍配が上がりそうです。

Snapdragon 695 5Gと他チップのベンチマーク性能比較

SD695SD690SD765G
Geekbench
シングルコア
698606594
Geekbench
マルチコア
202118531915
Antutu
総合
402537346571341604
Antutu
CPU
127121110385100566
Antutu
GPU
991727664593170
データ参照:nanoriview.net

いずれのベンチマークスコアでもSnapdragon 695はSD690はもちろん、SD765Gを上回っています

よって、ベンチマーク上の性能では、控えめに見てもSnapdragon 695はSnapdragon 690から15~20%の性能アップ、Snapdragon 765Gと同等かそれより少し良い性能、といったところになります。

ちなみにSnapdragon 765G搭載で国内で展開されている有名どころの機種、と言えば:

  • Pixel 5、Pixel 5a、Pixel 4a 5G
  • Xiaomi Mi 10 Lite 5G
  • Oppo Reno5 A
  • Galaxy A51
  • arrows NX9
  • LG VELVET
  • Rakuten BIG

よって、Snapdragon 695搭載モデルはこれらの機種と同等、あるいは少し上の性能といった感じになると思われます。

なお、ソースを失念してしまったのですが、最近ではエントリーモデルのSnapdragon 480の需給がひっ迫しているといった情報もあり、SD695機種が多いのはこれが背景にあるとも言われています。

この感じだと今年後半戦のミッドレンジ市場でもSD695は「主役」であり続ける雰囲気で、噂ではAQUOS sense7も同チップセットを搭載とも言われています。

そういえば、Snapdragonのネーミングルールが新しくなってからまだ新たな600番台チップセットは発表されていませんが、「Snapdragon 6 Gen1」はいつ頃リリースなのでしょう。

ソース:nanoreview.net

コメント

  1. 通りすがり より:

    https://news.yahoo.co.jp/articles/681b8ec55701371ec2f9919715a18d4201407c10?page=2
    480逼迫のけん
    この記事じゃないですかね?

OCNモバイルONE
タイトルとURLをコピーしました