モトローラ、中国でのロックダウンの影響でMotorola Edge 30 Proの発売日を延期

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モトローラが先月国内リリースを発表したSnapdragon 8 Gen1搭載の新型ハイエンドモデル、Motorola Edge 30 Pro。

同モデルのリリース予定日が延期されたことが判明しました。

今回の情報によると、当初4月下旬とされていた同モデルの発売予定は5月上旬に延期されたとのこと。

また、その理由については生産国、つまり中国での輸送制限とロックダウンの影響としています。

新型コロナの感染が広がる中国では上海をはじめ、複数の都市でロックダウンが実施されているようなので、これにより製造や輸送に影響が出ているのでしょう。

Motorola Edge 30 Proは中国では「Moto Edge X30」として昨年末に世界初のSnapdragon 8 Gen1搭載モデルとしてリリースされたモデルで、国内でも同チップ搭載機としては初めて発表されました。

また、国内価格は税込みで89,800円と、10万円以上が標準的な価格帯の同世代モデルと比べるとかなり割安感のあるモデルで、国内での注目度も結構高いという印象です。

しかし今回の発売延期により、国内で公式リリースされるSnapdragon 8 Gen1搭載モデルはドコモとauから21日に発売されるGalaxy S22およびGalaxy S22 Ultraが一番乗り、ということになります。

ソース:motorola

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Motorola/moto
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました