次期Xperiaに「Xperia 1 IVは存在しない」との噂、考えられる3つの可能性

ソニーの次期Xperia、といえば来年前半に発表されるであろう「Xperia 1 IV」が気になっている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、Reddit経由でWeiboを元ソースとすると思われる少し気になる情報が見つかりました。

「Xperia 1 IV」は存在しない?

一つ確かなこと:Xperia 1 IVは存在しない

という内容。

確かに、このXperia 1 IIIの後継モデルについて当サイトでは便宜上「Xperia 1 IV」という仮称で呼んでいますが、今のところこれが正式名称である確実な情報はありません。

また、認証通過情報から2022年の次期Xperiaとして2モデルが存在することは確認されているものの、これらがこの「Xperia 1 IV」に相当する機種と言う確証もありません。

一方で、普通に考えてソニーがXperiaスマートフォンを展開する限り、Xperia 1 IIIに後継モデルが存在しない可能性というのはかなり低いと思われます。

事実であれば非常に気になる情報ですが、この短い投稿については主に3つの可能性があると考えられます。

可能性①:「IV」を飛ばして「V」?

一つ目、そして一番高い可能性としては、Xperia 1 IIIの後継機は存在するものの「IV」は冠さない、というもの。

ご存知のように「4」を縁起の悪い数字として扱う文化は多く、過去にも「4」を冠するモデルを飛ばすという例はありました。

例えば、Xperia Zシリーズでは同シリーズ5世代目となる「Xperia Z4」という名称が存在したのは国内のみで、同モデルは海外ではXperia Z3sとしてリリースされました。

また、これはまだ確定しているわけではありませんが、Oppoのフラッグシップ、Oppo Find X3シリーズの次世代モデルもOppo Find X4ではなくFind X5になるとも言われています。

だとすると、このXperia 1 IVに相当するモデルは「IV」を飛ばしてXperia 1 VもしくはXperia 1 IIIs?といったネーミングになる可能性もありそうです。

可能性②:新シリーズへ移行?

二つ目はXperia 1 IIIの後継機種は存在するものの、シリーズ名自体が変わるという可能性

つまり、2022年からはXperia 1シリーズはもちろん、5や10に変わる新たなネーミングルールが登場する、という仮説です。

となると、Xperia ZシリーズはZ5まで6世代、XZシリーズはXZ3まで4世代でしたがXperia 1シリーズはIIIの3世代目が最後になる、ということになります。

ただ、さすがにシリーズが3世代で終了というのは短すぎるような気もするので、これについては個人的には可能性は低いと思われます。

可能性③: 2022年にプレミアムフラッグシップはない?

最後は「機種名」の問題ではなく、そもそも次世代Xperiaフラッグシップのラインナップに「Xperia 1 IV」に相当するモデルが存在しない、というもの。

そもそもXperia 1シリーズはXperia Z5 PremiumやXZ Premium、XZ2 Premiumといった4Kディスプレイ搭載の「プレミアム」フラッグシップの後継シリーズで、スタンダードフラッグシップを引き継いでいるのはXperia 5シリーズ、という見方もできます。

一方、新ネーミングルール採用以前は「Puremium」は毎世代リリースされていたわけではありません。
ここ3年間はXperia 1、1 II、1 IIIと毎世代リリースされていますが、来年はリリースなし、という可能性もありそうそうです。

今回の情報の信ぴょう性は定かでありません。
また、仮に正確な情報であったとしても、ここで紹介した3つの可能性はいずれもハズレ、という可能性も十分にあります。

が、いずれにせよ、考えてみるとXperia 1 IIIの後継機の名称が「Xperia 1 IV」でない可能性は結構高いような気もします。

ソース:Weibo via Reddit

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました