サムスンがGalaxyへのAndroid 12を再開、文鎮化問題などを解消

スポンサーリンク
スポンサーリンク

12月の中頃から提供が中断されていたGalaxy S21シリーズやGalaxy Z Fold3/Flip3向けのAndroid 12アップデートが再開された模様です。

XDAが明らかにしたもので、これによると、サムスンはグローバル版のGalaxy S21シリーズおよびGalaxy Z Fold3/Flip3に対し、12月27日からAndroid 12ベースのOne UI4アップデートの提供を開始したとのこと。

Galaxy向けのAndroid 12は12月前半からS21シリーズやZ Fold3/Flip3の韓国版に先行提供されたようですが、直後から複数の不具合が発生。

先日、サムスンがGoogle Playシステムの不具合によってアップデート配信を中断していることを明らかにしました。

しかし今回の情報によると、サムスンはグーグルと協力し、すべての不具合の原因とされるGoogle Playシステムとの互換性問題を修正したとのこと。

Android 12アップデート後のGalaxyでは画面のちらつきやデュアルメッセンジャーが動作しない問題、場合によっては端末の文鎮化といった深刻な問題も報告されていましたが、今回のアップデートではこれらの問題が修正されている模様です。

ソース: XDA

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました