Sony IMX899搭載で世界初のF値1.0? Oneplus 10 Proの実機画像がリーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年、Oppoの1ブランドとして統合されたOneplusシリーズスマートフォン。

その次世代フラッグシップモデル、Oneplus 10 Proの実機とされる画像がリークされていました。

Oneplus 10 Proについては数日前に、有名リーカー、Onleaks氏よりレンダリング画像がリークされており、基本的な外観は一致。
ただ、実機画像だとレンダリング画像よりもカメラ周りの存在感が大きいような気もします・・・

また、カメラ周りを注意深く見ると:

トリプルカメラで右上のカメラがペリスコープであることは間違いなさそう。

そして文字を見ると:

・120倍ズーム
・F/1
・IMX899

メインのセンサーにはソニー製のIMX899というセンサーが採用されるようですが、同センサーは50MPの1/1.2インチセンサーと言われています。

なお、120倍ズームは過去モデルで対応していますが、非常に気になるのはf/1という部分。
これ、普通に考えてカメラの絞り値、つまりF値1.0ということだと思います。

私はカメラ素人なのでF値については「小さいほど明るい」という認識しかありませんが、調べてみたところ、F1.0は有効口径と焦点距離が等しいと言う意味にものなるとのことで、スマートフォンに実装された例はなし。

つまり、フェイクでなければこのOneplus 10 ProはF値1.0のカメラを搭載した初のモデル、ということになりますが、これって技術的に可能なのでしょうか(怪)。

なお、今回の情報ソースであるWeiboユーザーによると、このOnepls 10 Proは6.7インチのLTPO AMOLEDディスプレイを搭載で120Hzリフレッシュレートに対応。

バッテリー容量は5000mAhで最大充電速度は125Wとのことです。

ソース:Weibo

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Oppo
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました