Xiaomi 12 Ultraは大型ペリスコープカメラセンサー搭載、同社初の画面下超音波型指紋センサーも採用へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャオミの次世代フラッグシップ、と言えばXiaomi 12シリーズですが、今回、同シリーズの最上位モデルとなるXiaomi 12 Ultraのカメラ周りに関する新リーク情報がでてきました。

1/1.5インチのペリスコープセンサー搭載か

Weibo上のリーカーからの情報で:

これによると、Xiaomi 12 Ultraには1/1.5インチで5倍光学ズームを可能にするペリスコープカメラが搭載されるとのこと。

前モデルに相当するXiaomi Mi 11 Ultraにも5倍ズームが可能なペリスコープカメラは搭載されていましたが、こちらのセンサーサイズは1/2.0インチ。
つまり、12 Ultraでは少なくとも望遠カメラのセンサーサイズが大幅にアップする、ということになります。

Xiaomi 12 Ultraのカメラについては、当初、サムスンの次世代200MPセンサーが採用されると噂されていましたが、これについては有名リーカーのDidital Chat Station氏が否定。

現状では広角(標準)、超広角、望遠のすべてが50MPセンサーとなる、というのが有力な説となっています。

画面埋め込み式ではシャオミ初、超音波式指紋センサー搭載へ

なお、同一人物からの情報によると、このXiaomi 12 Ultraには画面埋め込み式の超音波指紋センサーが採用されるとのこのこと。

これまでのXiaomi製スマートフォンで画面下指紋センサーを搭載していたものではすべて光学式でした。よって、このXiaomi 12 Ultraは同社としては初の画面埋め込み・超音波式指紋センサーということになりそうです。

ソース:Weibo

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xiaomi/Redmi
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました