GoogleがPixe 6のフリッカー不具合について「ハードウェア問題ではない」12月アップデートで修正

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google最新スマートフォン、Pixel 6シリーズ。

先日、P発生電源オフの状態で電源ボタンをおすと画面がチラついたり(フリッカー)、画面上に緑色のラインが入ったりする、といったディスプレイ周りの不具合が報告されているという件についてお伝えしました。

しかし今回、Googleがこの件についてサポートフォラム上に説明コメントを投稿していました。

Pixel 6 Proディスプレイ残光について

どういった症状?

Pixel 6 Proでは、デバイスの電源をオフにしたとき、および電源ボタンを電源がオンにならない程度のわずかな圧力で押したが際に一時的な表示上のアーチファクトを感じることがあります。

ユーザー通知

これを見ないためには、電源が切れているときは、電源ボタンを循環?(おそらく軽く押さないという意味?)させないでください。端末を使いたいときは、電源ボタンを長押しして、電源を入れてください。

この現象は、端末のハードウェアの問題ではありません

この問題はいつ修正される?

Pixel 6 Proの12月のソフトウェアアップデートで修正されます。

この手の症状はディスプレイ欠陥の初期症状として表れることもあるので、少し心配だったのですが、ソフトうウェアあぷデートで改善、少なくともハード的な問題ではないとのことなので一安心です。

ただ、先のディスプレイ周りの不具合報告記事で紹介した「パンチホールズレ」や低輝度画面での緑画面現象などについてはまだ公式な見解はでていません。

ソース:Googleサポートフォラム

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pixel
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました