auの新機種「Galaxy S23 FE」はおススメせず、買うなら3万円安いGalaxy S22

先ほど、auが正式発表したGalaxy S23の廉価版モデル、Galaxy S23 FE。

「S23」を関しながらも搭載チップセットは2022年のSnapdragon8 Gen 1。
一方で、ディスプレイサイズは6.4インチと、6.1インチのS23と6.6インチの中間くらい、という少し不思議な立ち位置の機種です。

このGalaxy S23 FE、「廉価版」だけあってau版の機種本体価格は88,000 円と、無印のS23の114,800円よりも3.5万円ほど安くなっています

しかし、一見魅力的に見えるこのGalaxy S23 FEですが、重要な違いも。

というのも、Galaxy S23はSnapdragon 8 Gen 2搭載ですが、S23 FEはGalaxy S22シリーズと同じ1世代古いSnapdragon 8 Gen 1を搭載しています。

一方、同じS8Gen1搭載のGalaxy S22の端末単体価格はというと:

もうすぐ「2年落ち」となるGalaxy S22のau版価格は58,400円と、同一チップ搭載のS23 FEよりも約3万円も安くなっています

もちろん、Galaxy S23 FEとS22、そしてS23とはスペック的な違いもあり、それは主に以下のような点:

  • Galaxy S23 FEはSnapdragon 8 Gen 1搭載、S23はSnapdragon 8 Gen 2搭載
  • Galaxy S23 FEのディスプレイサイズは6.4インチ、S22は6.1インチ
  • Galaxy S23 FEのバッテリー容量は4500mAh、S22は3700mAh
  • Galaxy S23 FEの望遠カメラセンサーは8MP、S22は10MP

ディスプレイサイズやバッテリー容量など、S23 FEの方がコストが嵩む部分があるのは確かですが、3万円もの価格差を正当化するほどではありません。

よって、やはりGalaxy S23 FEはかなり「割高」と言わぜるえず、同モデルを購入するのであればGalayx S22の購入をおすすめします。

auGalaxy
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました