シャオミの新OS「HyperOS」提供予定の国内モデルは今のところ3つ!2年前の旧機種も対象

シャオミが先日正式発表をした新カスタムOS、HyperOS。
OSシステムのアーキテクチャを根本から組み直したと言われており、従来のMIUIに置き換わる新OSとして、Xiaomi 14シリーズに初搭載。

そして、既存モデルの一部にも順次アップデートが提供されると言われています。

そして今回、このHyperOSが国内展開される3モデルにも提供されることが確実となりました。

xioamiuiが伝えたもので、これによると、同サイトが把握しているHyperOSへのアップデート対象機種の中で、国内展開されている、あるいはされる機種は以下のモデル:

  • Xiaomi 13T
  • Xiaomi 13T Pro
  • Xiaomi 11T

ちなみに、Xiaomi 12Tもリストに入っていますが、同モデルは国内リリースはなし。
一方、昨年国内リリースされたXiaomi 12 Proや一昨年のXiaomi 11T Proの名前は今のところ上がっていません

ただ、下位モデルの11Tや12Tがアップデート対象となり、上位モデルの12T Pro、11T Proが対象外となる可能性は低いと思われるので、今後リストに追加されるものと思われます

なお、Xiaomi 13T ProはSIMフリー版のほか、ソフトバンクからも発売。
Xiaomi 13TはauとUQ mobileが取り扱い、いずれのモデルも発売は12月上旬予定となっています。

ソース:xiaomiui

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました