Xperiaのレギュラー機種「1、5、10」シリーズで廃盤にするならどれ?アンケート結果

ソニーがXperiaの新命名ルールを採用して早5年。

国内専売のACEシリーズや不定期リリースのProシリーズ以外で「レギュラーモデル」として毎年欠かさずリリースされてきたのはXperia 1、5、10の3シリーズです。

そしておそらくこの基本ライナップは来年以降も継続。
サプライズで命名ルールが変更でもされない限り、Xperia 1 VI、Xperia 5 IV、Xperia 10 IVの3モデルが展開されることは確実だと思われます。

そんな中、Reddit上に将来のXperiaラインナップに関する興味深いアンケートがありました。

「ソニーのレギュラーXperiaラインナップ、1、5、10で1つ廃盤になるのであれば。どのモデルが廃盤となるべき?」という内容の質問。

この結果、皆さんどう思われますか?

Xperia 10 VIが半数以上の票を集め、一番「不要」という結果になっていますが、今年のXperia 10 Vでチップセットを据え置き搭載した存在感「極薄」だったXperia 10 Vの事を考えると当然といった印象を受けます。

一方、個人的にはXperia 10シリーズがもっと圧倒的になると思っていたので、Xperia 5 Vの得票数が意外と多いのは少し意外です。

ただ、今年のXperia 5 Vは望遠カメラの廃止や端末の厚みや重量が増した点、太いベゼル、ディスプレイの劣化?(←これはあくまでユーザーからの評価からで確認情報ではありません)もあってか、国内外での人気はシリーズ最低とも言われています。

一方、コメント欄にはXperia 5シリーズはSnapdragon 7シリーズのチップセットを搭載したアッパーミドル機にするべきといった意見もみられます。

確かに、今回のように1シリーズから大幅にスペックを落とするのであれば、いっそのことアッパーミドル機という位置づけにして価格帯を下げるというのもありかもしれませんね。

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました