AQUOS sense8? Dimensity 6000以上のチップセットを搭載した新型AQUOSがBT認証通過

シャープの2023年新型AQUOS、といえばすでにAQUOS R8、R8 pro、wish3の3モデルが正式発表済み。

そんな中、同社の未発表AQUOSと思われる機種がBluetooth認証で発見されました。

この情報から分かることは、この端末はシャープ製のスマートフォン、つまり新型AQUOSでAndroid T、つまりAndroid 13を搭載。
そしてMediatek製チップセットを搭載、さらにBluetooth 5.3に対応しているという点。

これ、Dimensityチップセット搭載ということで、最初はすでに発表済みの新型AQUOS、AQUOS wish3のものかとも思ったのですが、Bluetoothの対応規格を見ると異なることが判明。

というのも、DimensityチップセットでBluetooth 5.3に対応しているのはDimensity 6000~9000番台のチップセットのみで、1000番台(Dimensity 1080など)以下のミッドレンジおよびエントリー向けモデルのチップセットは同規格には非対応です。

Dimensity 700はBluetooth 5.1までの対応

よって、今回の機種がDimensity 700搭載のAQUOS wish3ではないことは確かで、6000番台以上のDimensityを搭載するということは、性能的にはミッドハイ以上のモデルということになると思われます。

タイミング的には少し早すぎる気もしますが、この謎の新型AQUOS、可能性としては次世代AQUOS sense、つまりAQUOS sense8という可能性もありそうです。

AQUOSAQUOS sense8
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント