ソニーがXperiaのアプデ保証期間の変更を内部決定、OSアプデも3回に?

ソニーのXperiaスマホ、と言えば、国内では昨日キャリアモデルが発売となったXperia 1 Vの話題で盛り上がっているという印象。

一方、特に海外フォラムなどを見ていると、今回のXperia 1 Vではカメラ性能などの向上などもあってか、機種そのものには魅力を感じていてながらも、アップデートサポート期間の短さがネックとなって購入を躊躇するユーザーも少なくないようです。

そんな中、このXperiaのソフトウェア・アップデートのサポート期間に関する興味深い情報が見つかりました。

Redditユーザーが自分の国(ルーマニア?)のオンライン掲示板上に投稿されていた情報、として書き込んでいたもの。

内容としては:

Xperiaへのセキュリティアップデートのサポート期間を4年間に延長することが内部決定したと聞きました。
だからソニーがよほどのバカでない限り、OSアップデートも3回になるはず
ただ、どのモデルからこのポリシーが適用されるのかも、公にするのかも知りません。

公式に明らかにされているわけではありませんが、これまでのXperiaのOSアップデートはフラッグシップでも2回、セキュリティアップデートは3年間となっています。

XperiaのOSアプデ回数も「ようやく」3回に?

そして今回の情報によると、セキュリティアップデートの部分については4年間に拡張されるとのことで、どれと同時にOSアップデート回数も3回に増えることになる可能性が高い、とのこと。

確かにサムスンやOppoのフラッグシップはOSアップデートとセキュリティーアップデートのサポート期間を比例して伸ばしてきており、現在はOSアップデートが4回、セキュリティーアップデートが5年間となっています。

よって、このパターンに沿うのであればXperiaのOSアップデート回数もセキュリティアップデートのサポート期間拡大とともに現在の2回→3回になる可能性は高いように思えます。

ただ、GoogleのPixelやシャオミのフラッグシップの場合、OSアップデートは3回、セキュリティーアップデートは5年となっており、OSアプデとセキュリティアプデのサポート期間が最大で2年になるケースもないわけではありません。

よって、仮にXperiaのセキュリティーアップデートが現在の3年→4年になったからと言って、必ずしもOSアップデートが3回になるとは言えないような気もします。

いきなりサムスンのGalaxy並みにしてくれ、とは言いませんが、時代の流れに沿ってせめてフラッグシップに関しては「OSアプデ3回+セキュリティ―アプデ4年」は保証して欲しいところです。

また、Xperia 1 Vなどは対象にならない可能性もあり、ひょっとすると来年以降のモデルからということも。

仮に今回の情報が事実だとしても、過度な期待はしない方が良さそうです。

ソース

新型・次期Xperia 最新情報・リーク情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント

  1. 銀ぎら より:

    Xperiaは常に一周遅れどころか二周遅れにしないといけない掟でもあるのか?
    まともに保証も出来ないなら他社と競合するフラッグシップなんて出すなよ無責任だな…