Xperia 1 Vは「久々に」ドコモ版が先行発売とのリーク 認証通過状況から

ソニーモバイルの2023年フラッグシップ、Xperia 1 V。

外観についてはすでにリーク済みで、あとは細かなスペック情報などを待つばかりといったところです。

そんな中、このXperia 1 Vのリリース順に関する興味深い情報がリークされていました。

認証取得情報から判断すると、久しぶりにNTT(ドコモ)がXperia 1 Vを先行発売をすることになりそうです。

ここで言う「認証通過情報」がどういった機関の認証なのかは不明です。
また、公的な機関などでドコモ版Xperia 1 Vの型番となるであろう「SO-51D」が発見されたこともありません。

一方、当サイトで把握しているのは数日前にFCC認証を通過したXperia 1 Vと思われるハイエンドモデルのみ。

ただ、Blog of Mobileが伝えたところによると、このFCC認証通過端末は「ドコモ版のXperia 1 Vものである可能性が高い」とのことで、今のところはこの他にFCC認証を通過した未発表ハイエンドXperiaは存在しません。

通常、国内キャリア版のXperiaはau版やソフトバンク版も同時にFCC認証通過をする(あるいは同一モデルとして)ので、確かに今回ドコモ版のみが先行して通過している、というのは少しイレギュラーな感じもします。

ちなみに前作のXperia 1 Vが最初にリリースされたのは中国版で6月1日で、国内版のリリースは2日後の6月3日。つまり最近は国内版Xperiaのリリースは早い方で、少なくとも海外モデルよりも大きく遅れるという事はなくなってきています。

ということは、仮に今回のXperia 1 Vでドコモ版が先行リリースされるとしても、日数的には大きな間は空かないようにも思えます。

一方、国内版に限ってみると、ここ数年のキャリア版Xperiaフラッグシップはほとんどが3キャリア(あるいは2キャリア)同時リリース。
よって、ドコモ版「だけ」が他キャリアに先駆けて同モデルをリリースされるということになれば、こちらの方がレアと言えそうです。

ソース

docomo新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント