iPhone 15 ProのCAD画像が初リーク!カメラバンプはさらに大きく、USB-C端子採用が確定

今年秋のリリースとなる次世代iPhone、iPhone 15シリーズ。

その上位モデルとなるiPhone 15 ProのCADデータを基にした初のレンダリング画像がリークされていました。

9TO5Macが独占情報として伝えたものなので、信頼性はかなり高いとみて良いと思います。

基本的なデザインコンセプトはiPhone 14シリーズから大きな変化はなさそうですが、まず、外観から分かる前モデルからの最も顕著な変化は、Lightning端子からUSB-Cへの変更です。

この変更は以前から報じられていましたが、今回改めてビジュアルでも確認でき、2012年以降iPhoneやほとんどのApple製アクセサリーに採用されているApple独自のコネクタからの大きな逸脱となります。

また、背面のカメラバンプも14 Proよりもかなり厚くなっており、Appleが新しいセンサーやレンズでカメラシステムをアップグレードする可能性が示唆されています。

一方、カメラのレイアウトはiPhone 14 Proと同様で、3つのレンズとLiDARスキャナーが正方形のモジュールに配置されています。ただ、この世代ではカメラレンズ自体も厚くなっており、より大きなイメージセンサーの搭載を示唆していると思われます。

また、下の画像はiPhone 14 Pro (左)とiPhone 15 Proの比較。

端末サイズはほとんど同じように見えますが、ベゼルがかなり細くなっており、より洗練された印象。

また、ディスプレイサイズが据え置きでベゼルが細くなるようなので、若干ではありますがサイズもダウンする可能性がありそうです。

ソース:9TO5Mac

iPhone
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント