Xperia 1 IVでディスプレイ欠陥?有名リーカーが画面が緑がかる不具合を報告

ソニーモバイルの2022年フラッグシップ、Xperia 1 IV。

発売当初は発熱が原因とみられるいくつかの不具合が散見されましたが、最近ではAndroid 13アップデート後もメジャーなトラブルもかなり減ってきているという印象。

しかし今回、Weibo上でこのXperia 1 IVのディスプレイに関する少し気なる不調が報告されていることが判明しました。

有名リーカーのZackbucks氏からのもので、同氏曰く、使用しているXperia 1 IVのディスプレイの色合いが突然緑色っぽくなった、というもの。

ただ、OLEDディスプレイ搭載スマホでよく発生するような画面が顕著に緑色になる通称「ハルク現象」とは異なり、全体的に色合いが「若干緑がかる」といった感じで、人によっては見逃すレベルのものかもしれません。

ただ、明らかにもう一台のXperia 1 IV?と比べると特にグレーの分の色合いが緑がかっているのが分かります。

また、Xperiaを含むOLEDでは画面の輝度を落とすと黒っぽいいろが緑色っぽくなるという問題も良く報告されていますが、これとも少し違う症状。

ちなみにこのスレッド上の他のユーザーによると、こういった変色は低温下で発生することがある、とのことですが、Zackbucks氏によると室温は低くない、とのこと。

同氏はXperia関連のリーカーとして有名なだけでなく、ソニー製品/Xperiaの愛用者としても知られており、おそらくXperiaスマホに関してはおそらく全機種を所持しているのではないかと思われるほどのXperia通。

そのような人物がこういった不具合を報告する、ということはおそらく「気のせい」ではないと思われます。

ソース:Weibo (Zackbucks)

Xperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント