徐々に性能アップ!SD8Gen2搭載のGalaxy S23+の過去最高ベンチマークが発見

サムスンの次世代フラッグシップモデル、Galaxy S23シリーズ。

先のリーク情報では12月中に発表され、発売は年始になるというとも言われていますが、今回、同シリーズの「中間モデル」となるGalaxy S23+のベンチマークスコアがGeekbench上で発見された模様です。

mysmartpriceが掲載していたもので、型番は「SM-S916U」。
これは過去の型番パターンからするとGalaxy S23+のものになり、ベンチマークスコアはシングルコアが1485ポイント、マルチコアが4844ポイントとなっています。

Galaxy S22シリーズのベンチマークスコアは少し前にS22、そしてS22 Ultraのものも発見済みで、発見の度にマルチコアのスコアは4597→4689→4844とじわじわと上がってきており、今回のスコアはこれまでのSD8Gen2のものとそしては過去最高、ということになります。

少し前に、Weibo上のリーカーからSnapdragon 8 Gen2の最終的なGeekbench上での性能はマルチコアで5200ポイントほどになる、という情報がありました。

もしこれが事実だとすると、SD8Gen2はおそらくiPhone 14 Pro/Pro Maxに搭載のA16チップやMediatekの同世代ライバルチップで今月発表のDimensity 9200超えの性能になると思われますが、今回のようにベンチマークスコアが徐々に上がってきていることを見る限り、この情報はあながち誇張ではないような気もします。

Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました