SD888+搭載で大幅に進化したMoto Edge 30 Fusionが正式発表 国内発売も濃厚?

先ほど、モトローラが新型スマートフォン、Motorola Edge 30 FusionおよびMotorola Edge 30 Neoの2機種を正式発表しました。

Motorola Edge 30 Fusion

Motorola Edge 30 FusionのディスプレイはEdge 30 Ultraと同じ高速144Hzリフレッシュレートの6.55インチFHD+ P-OLEDを搭載。

チップセットは昨年のハイエンド向けチップセット、Snapdragon 888のアップグレード版、Snapdragon 888+を搭載しており、メモリは8GB/12GB、UFS3.1ストレージは128GB、256GB、512GBのオプションが用意されます。

背面カメラは50MP 1/1.55インチ広角カメラ、13MPの超広角カメラ、2MPの深度センサーという構成で、前面には、32MP 1/2.8インチのカメラが搭載されています。

また、同モデルのバッテリー容量で、68Wの充電に対応。10分で50%までの充電が可能とのことです。

Motorola Edge 30 Fusionは欧州圏では本日より販売開始で、価格は600ユーロ。
カラーは、コスミックグレー、オーロラホワイト、ソーラーゴールド、そしてヴィーガンレザーのオプションであるネプチューンブルーの4色です。

レザー加工の結構高級感のある質感。

Motorola Edge 30 Fusionは前モデルから大幅性能アップ

ちなみに、昨年のMotorola Edge 20 FusionはDimensity 800Uを搭載し、国内でも展開されており、手ごろなミッドレンジモデルとしてそこそこの売れ行きだったようです。

よって、今回のEdge 30 Fusionも国内リリースされる可能性はかなり高いと思います。
(Edge 30 Neoの方はすでにSD695搭載のMoto g52jが存在するのでリリースの可能性は低いと思いますが)

一方、今回のEdge 30 FusionはSnapdragon 888+を搭載しており、旧型チップセットとは言えまだまだ高性能。

ご覧のように、Dimensity 800UとSnapdragon 888+を比較するとベンチマークスコアでは倍近い性能差がでています。

そういった意味で、このMotorola Edge 20 Fusion→30 Fusionは単なる順当なスペックアップというよりはミッドレンジから準ハイエンドへのランクアップとも言えそうです。

Motorola Edge 30 Neo

Motorola Edge 30 NeoはPantone社とのコラボレーションによる色合いへのこだわりが特徴。より美カラーは、アクアフォーム、ブラックオニキス、アイスパレス、そしてパントンのカラー・オブ・ザ・イヤー2022のベリーペリ(紫のバリエーション)が用意されています。


Motorola Edge 30 Neoのディスプレイは、6.28インチ120Hz OLEDディスプレイで、チップセットはSnapdragon 695を搭載。

また、64W充電対応の4,020mAhバッテリーを搭載しています。

また、Edge 30 Neoのメインカメラは光学手振れ補正付きの64MPカメラで、もう一つのカメラは13MPの超広角カメラとなっています。

また、前面カメラは32MPセンサーとなっており、SD695搭載のミッドレンジとしては比較的豪華なスペックと言えそう。
カラーはVery Peri、Aqua Foam、Black Onyx、Ice Palaceの4色で、370ユーロから近日中に発売される予定です。

ソース:GSMArena

Motorola/moto
スマホダイジェスト

コメント

IIJmioみおふぉん(eSIM)
タイトルとURLをコピーしました