Galaxy Z Fold4の実力は「省電力モード」にあり!有効時でもSD8Gen1以上の性能を発揮

本日国内モデルが一斉発表されたサムスンの最新フォルダブル、Galaxy Z Fold4およびGalaxy Z Flip4。

Fold4はドコモとauから、Flip4はドコモ、au、そして楽天モバイルが取り扱うことが判明し、あとは価格などの詳細情報を待つばかり、といったところ。

一方、このGalaxy Z Fold4/Flip4の売りの一つは何といってもSnapdragon 8+ Gen1を搭載しているという点。

発熱やパフォーマンス制限の問題報告が多かった無印のSD8Gen1と比べてクロックスピードが上がっているだけでなく、電力効率や発熱も抑えられていると言われています。

そんな中、このSD8+Gen1を搭載したGalaxy Z Fold4の「実力」を示す興味深い情報が見つかりました。

有名リーカーのIce universe氏が少し前にTwitter上に投稿していたもの。

同氏曰く、Galaxy Z Fold4では省電力モードだとそれぞれのコアクロックスピードが以下のように制御される、とのこと:

項目省電力モード通常モード
CPUコア
動作周波数
Cortex-X2 x 1
(@2.82GHz)
Cortex-A710 x 3
(@2.57GHz)
Cortex-A510 x 4
(@1.67GHz)
Cortex-X2 x 1
(@3.2GHz)
Cortex-A710 x 3
(@2.8GHz)
Cortex-A510 x 4
(@2.0GHz)

そして、この省電力モードが有効な状態でのGeekbenchのスコアは:

一方、SD8+Gen1のGeekbenchでの平均的なマルチコアスコアは4000ポイント前後なので、省電力モードだと1割弱、パフォーマンスが落ちるということになります。

省電力モードでもSnapdragon 8 Gen1 (無印)より優秀

一方、この省電力モードでの3700ポイントというスコアを見ると、これこそがSD8+Gen1搭載機の本領発揮といったところ。

というのも、Geekbenchにおける無印Snapdragon 8 Gen1を搭載したGalaxy S22 Ultraのベンチマークスコアはシングルコアが平均で1100ポイント台、マルチコアで3100~3200といったところ。

よって、SD8+Gen1搭載のGalaxy Z Fold4(おそらくZ Flip4もですが)の性能は省電力モードを有効にした状態でもSD8Gen1搭載機よりも高性能、ということになります。

なお、省電力モードは各メーカーによって仕様が異なるとは思いますが、この感じだとおそらく他のメーカーのSD8Gen1搭載機とSD8+Gen1搭載機でも同じような差が出そう。

そうなると今後はますますSD8Gen1搭載機を買うユーザーが減りそうですね。

ソース:Twitter (Ice universe)

Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました