Xperia 1 IVのカメラはオールソニー製が確認!でもメインカメラは3世代据え置き…

ソニーモバイルの2022年フラッグシップXperia 1 IV。

国内ではソフトバンク版が6月3にリリース、ドコモとauもほぼ同時期に発売することが確実となっていますが、このXperia 1 IV、台湾では昨日先行発売となり、すでに手元に届いているというユーザーも多い模様です。

そんな中、台湾メディアのePriceがこのXperia 1 IVのカメラ周りに関する新情報を掲載していました。

Xperia 1 IVのカメラセンサーはすべてソニー製に

「Device Info HW」アプリでカメラセンサーの詳細を確認すると、Xperia 1 IVに搭載のカメラセンサーは以下のような型番という事が判明:

  • IMX650 (望遠)
  • IMX316 (ToF)
  • IMX557 (メイン/広角)
  • IMX563 (超広角)
  • IMX663(前面カメラ)

一方、以下は前モデル、Xperia 1 IIIのカメラセンサー構成:

  • IMX663 (望遠)
  • IMX316 (ToF)
  • IMX557 (メイン/広角)
  • IMX363 (超広角)
  • ISOCELL s5k4h7 (前面カメラ)

そして以下は前々モデル、Xperia 1 IIのカメラ構成:

  • ISOCELL S5K3T2 (望遠)
  • IMX316 (ToF)
  • IMX557 (メイン/広角)
  • IMX363 (超広角)
  • ISOCELL s5k4h7(前面カメラ)

前面カメラやToFセンサーも含めた5つのカメラセンサーのうち、Xperia 1 II、III、IVと世代が進むごとにサムスン製センサーが減り、今回のXperia 1 IVでは3世代変わらなかった前面カメラのセンサーもソニー製に変更

これにより、同モデルのカメラセンサーはすべてソニー製で統一された、ということになります。

ただ、その一方でメインカメラのセンサー、IMX557については3世代変更なし、ということになり、これについてはちょっと残念な気がします。(初代Xperia 1の標準カメラセンサーは不明)

望遠カメラセンサーに謎も…

一方、Device Info HWで検出したカメラ情報から、カメラ部のセンサーを確認すると疑問も。

というのも望遠カメラ用のセンサーとされるIMX650のセンサーサイズは1/1.7インチとされていますが、Xperia 1 IVの公式スペック上の望遠カメラセンサーサイズは1/3.5インチ。

また、IMX650はHuawei P30 Proなどに搭載されているセンサーで、画素数は40MP。

つまり、このセンサーはXperia 1 IVのスペック上にある情報とはセンサーサイズでも画素数でも一致しないということになり、同サイトはアプリによる誤判定である可能性も指摘しています。

一方で、同サイトが指摘しているのが「クロップ」の可能性で、ひょっとするとXperia 1 IVではこの40MPセンサーの一部のみを使用し、そのため出力される画像は12MPになるようにしているのではないか、という仮説。

これは歪みを軽減するといった目的で有効だとは思いますが、ただ、この場合はセンサーサイズは1/1.7インチより小さくなるはずでないでしょか。

いずれにせよ、推測の域を出ない情報になってしまいますが、ソニーは公式にはカメラセンサーの型番までは公開しており、この点についてはこのまま永久に真相が不明、という可能性もありそうです。

ソース:ePrice

おすすめの新型Xperia関連情報:

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました