Pixel 6シリーズ絶好調!Googleの北米でのスマホ出荷台数6倍、シェアは3倍に

Googleの既存最新モデル、と言えばPixel 6とPixel 6 Pro。

発売直後からバグや不具合の報告は多め、という印象ですが、実際の売上・人気は上々と言われています。

それを反映してか、Googleのスマートフォン、つまりPixelの売上が過去1年で大きく伸びていることが判明しました。

調査会社canalysによる調査で、以下は北米における2022年の第一四半期のスマートフォン出荷台数と市場シェアをまとめたもの。

今回の調査結果で興味深いのはGoogleのPixelスマートフォン
ご覧のように出荷台数は過去一年で6倍、市場シェアでも1→3%と3倍に伸びており、これはひとえにPixel 6シリーズの好調さによるものだと思われます。

一方、出荷台数、シェアを前年同期比で出荷台数・シェアを落としているのはTCLと「その他」のみで、後はすべて主化台数もシェアも伸ばしていますが、伸び悩んでいるのはサムスンのGalaxy。
それとは対照的にアップルのiPhoneは順調に出荷台数もシェアも拡大しています。

なお、今回のレポートによると、Pixelの出荷台数は今後のPixel 6aやPixel 7でさらに伸びることが予想されるとのことです。

ソース:canalys

Pixel
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました