Galaxy S21シリーズの性能はSD888搭載ライバル機種より1割以上低いかも。ベンチマーク比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新フラッグシップ、Galaxy S21シリーズ。

国内でもドコモからはSO-51B、SO-52B、SO-53Bとして、auからはSOG09、SOG10、SOG11としてGalaxy S21、S21+、S21 Ultraの3モデルすべてがリリースされることが確実となっています。

一方、このSnapdragon 888搭載のS21シリーズですが、ベンチマークスコアを見ると同チップを搭載する他機種と比べて性能が劣る可能性がでてきました。

以下はSD888搭載版Galaxy S21シリーズのGeekbenchでのベンチマークスコア

計測結果には結構バラつきがありますが、S21シリーズの場合、マルチコアのスコアは高くても3200ポイント台といった感じ。

一方、以下は中国のVivoが展開するSD888搭載機、vivo iQOO 7のベンチマークスコア:

こちらは3700ポイント以上を何回か計測しています。

そして以下はこれらよりも一足先にSD888搭載でリリースされたシャオミのフラッグシップ、Xiaomi Mi 11のスコア:

そして上の3モデルの期近25回分の計測結果を平均すると:

Galaxy S21
(シリーズ)
vivo iQOO 7Xiaomi Mi 11
マルチコア平均300534983351

ご覧のように、平均ではGalaxy S21シリーズのベンチマークスコアはvivo iQOO7およびXiaomi Mi 11よりも1割以上低い、ということになります。

そういえば、前モデルのGalaxy S20シリーズでもSD865搭載版はXperia 1 IIやXperia 5 IIと比べると大きくベンチマークスコアが落ちる、という症状が確認されていました。

Xperia 1 II vs Galaxy S20の性能比較、ベンチマークスコアでは新型Xperiaに軍配
ソニーモバイルの最新フラッグシップ、Xperia 1 II。ドコモ版は5月下旬以降に1か月ほど延期、au版は5月中と結局ほぼ同時期にリリースされそうな雰囲気となっています。そして今回、このXperia 1 IIのベンチマークスコアがいくつか

ただ、今回のS21シリーズでは前モデルにも増して他機種とのスコア差が大きいという印象。

発熱などの対策のためにスロットリングがキックインしやすいといったチューニングがされているのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました