Redmi Note 10シリーズ、120HzのLCD搭載、実機画像やスペックが大量リーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャオミが3月4日に正式発表する新型Redmiブランドモデル、Redmi Note 10シリーズ。

これまでの情報では無印のRedmi Note 10および上位モデルのRedmi Note 10 Pro、そしてRei Note 10 Pro Maxの2モデルというラインナップになる、とのことでした。

しかし今回、同シリーズの実機やパッケージ画像、そしてスペック情報が多数リーク。
機種名についてはちょっとことなるネーミングになるようです。

Redemi Note 10

今回の情報によると、まず、無印の「Redmi Note 10」は6.43インチのAMOLEDディスプレイを搭載し、CPUはSnapdragon 678を搭載とのこと。

SD678は昨年末にクアルコムが発表したチップで、5Gには非対応。よって、レギュラーのRedmi Note 10は4Gモデル、ということになります。

なお、同モデルのカメラはクアッド仕様で、メインカメラは48MP。バッテリー容量は5000mAhで33Wの高速充電に対応する模様です。

上の画像によると、Redmi Note 10のメモリおよびストレージ容量は6GB/64GBとのこと。ただ、他のバリエーションが存在する可能性もありそうです。

Redemi Note 10 5G

一方、もう一つのRedmi Note 10は「Pro」ではなく「Redmi Note 10 5G」という機種名になるようで、搭載チップはSnapdragon 768

こちらはその名の通り5G対応でメインカメラは108MPセンサーを搭載。バッテリー容量は5050mAhになると噂されています。

Redmi Note 10 4G

紛らわしいのですが、これらとは別に「Redmi Note 10 4G」という機種も存在する模様。

こちらはSnapdragon 732Gを搭載でメインカメラはおそらく「5G」と同じ108MPセンサー。

興味深いのはディスプレイで3機種の中で同モデルだけでがIPD LCDを採用。さらに120Hzリフレッシュレートに対応するようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xiaomi/Redmi
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました