ソニー、Xperia 1 IVは「高性能のカメラの大型光学レンズを使っている感覚」2つ目ティザー動画を公開

ソニーが5月11日に開催する新型Xperiaの発表会。

先日お伝えしたドコモの夏モデル新作情報の中で、機種名についても正式「Xperia 1 IV」となることが判明しました。

そして今回、ソニーがこのXperia 1 IVに関する2つ目のティザー動画を公開していました。

「高性能カメラの大型光学レンズを使っているような感覚」というコンテンツクリエーターからのコメント。

要は望遠カメラのズーム機能に注力した機種となることは間違いなさそうです。

また、「レンジが広くなる」ともあるので、焦点距離の調整やズーム距離などが伸びる可能性も。

前境の最初の発表会告知を兼ねたティザー動画では一瞬だけ本体と思われるシルエットが映っていましたが、今回は「カメラ」が主役。

なお、これまでのリーク情報では、このXperia 1 IVのカメラには少なくとも3つの48MPセンサーが搭載されると言われており、望遠カメラは2基搭載されるとも言われています:

  • 標準(広角)カメラ:48MP、1.22um、1/1.28インチ、ネイティブベイヤー
  • 超広角カメラ:48MP、0.7um、1/2.43インチ、クアッドべイヤー(12MPへの強制ビニング)
  • 望遠カメラ:48MP、0.7um、1/2.43インチ、クアッドべイヤー(12MPへの強制ビニング)
  • ペリスコープ型望遠カメラ:不明

巷ではカメラセンサーの画素数が12MP→48MPとなることが注目されていますが、確かにこれまでその他のカメラ機能面での進化部分についてはあまり情報がありあませんでした。

しかし、どうやらまだ詳細が不明のペリスコープ型の可変望遠カメラのアップグレードもありそうですね。

ソース:Youtube (ソニー公式チャンネル)

おすすめのXperia関連情報:

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました