Redmi Note 11シリーズ低スペックの謎が解明?Redmi Note 10の後継はNote 12

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャオミの展開する最新ミッドレンジ、Redmi Note 11シリーズ。

同シリーズについては発表時から前モデル、Redmi Note 10シリーズからの進化が乏しいという反応が多く見られ、国内ですでにSIMフリーモデルとして展開されている無印のRedmi Note 11に関してもそれは同様。

そのイマイチ物足りないと言われているRedmi Note 11シリーズの謎、そして5月に早くもリリースされていると言われている次世代シリーズ、仮称「Redmi Note 12」シリーズに関する興味深い新情報がでてきました。

これはXiaomiのジェネラルマネジャー Lu Weibing氏がWeibo上に投稿していたもの。

Redmi Note 11シリーズはNote 10シリーズの正統後継シリーズにあらず

この情報を伝えているGIZMOCHINAによる解釈をまとめると、同氏からの発言から読み取れるのは:

  • シャオミは昨年からRedmi Noteシリーズの年2回リリースする「二世代戦略」を取っている
  • 2シリーズのうち、1シリーズは高パフォーマンス、もう1シリーズはオールラウンド
  • Redmi 11シリーズは「オールラウンド」に属し、Redmi 10シリーズの正統な後継シリーズではない
  • Redmi 10シリーズで「高パフォーマンス」となる後継シリーズは5月にリリースの仮称「Redmi Note 12」シリーズ
  • ただし、混乱を避けるため、同シリーズの名称は「Redmi Note 12」シリーズにならず、別の名称となる

1年間に2世代、と言えば、XZシリーズ以前のXperiaを思い出しますが、このRedmi Noteシリーズの「2世代」とは少し意味が違うようですね。

ただ、Redmi Note 11シリーズが万人受け重視の「オールラウンド」、Redmi Note 12似そうとする次世代シリーズが「高パフォーマンス」重視というのは少しXperia 5とXperia 1の関係に似ているような気もします。(ちょっと違うか・・・)

いずれにせよ、Redmi Note 10シリーズが「高パフォーマンス」、そしてRedmi Note 11シリーズが「オールラウンド」という位置づけなのであれば、Note 11シリーズのスペック進化が乏しかったのも納得が行きます

なお、Redmi Note 12という名称に「ならない」ことがほぼ確実となった次世代Redmi Noteシリーズ。ネット上ではRedmi Note 11Tといった名称になるのでは?といった憶測も出ています。

ちなみに少し前に有名リーカーのDigital Chat Station氏がRedmiの次期ミッドレンジは512GBストレージ搭載モデルが登場する、という情報をリークしていました。

もしこの仮称「Redmi Note 12」がスペック重視のモデルであれば、ミッドレンジなのに512GBストレージ、というのも納得できる気がします。

ソース:Weibo via GIZMOCHINA

おすすめのXiaomi/Redmi関連情報:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xiaomi/Redmi
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました