スナドラ8 Gen1+は次世代「Xperia Pro」に搭載 Xperia 5 IVは存在しない可能性も?

ここ最近で「新型Xperia」と言えば、2022年モデルのプレミアムフラッグシップ、Xperia 1 IVが話題の中心。

一方、2022年版Xperiaラインナップについてはまだ不明確なことも多い状態で、そんな中、Xperia 5 IVや新型のXperia Proシリーズモデル、そしてそれに搭載されるチップセットに関する興味深い情報がでてきました。

Xperia 5 IVが存在するという確証はありませんが、Snapdraon 8 Gen 1 Plusを搭載したXperiaが存在することは判明しています。

よって、このチップセットはXperia 5 IVもしくはXperia Proのどちらかに搭載されるはずです。

Snapdraon 8 Gen 1 Plusは製造元をTSMCへ移して生産されるSnapdragon 8 Gen1のアップグレードチップセットという位置づけで、発熱や電力効率が改善していると言われています。

確かに、昨年はXperia 1 III、5 III、10 IIIと同時発表されていますが、今年はこれまでにレンダリング画像がリークされているのはXperia 1 IV、10 IV、そしておそらく国内専売のXperia Ace 3のものだけ。Xperia 5 IVの画像はまだ未リークです。

一方、今回の情報によると今年もソニーはXperia Pro-Iの後継機となるXperia Proシリーズモデルを展開する予定の模様(これに関しても存在すると明言はされていませんが)。

もちろん、Xperia 5 IVに関しては単純にXperia 5 IIや初代Xperia 5のように秋ごろに遅れて発表されるだけという可能性もあるので、同モデルが存在しないという可能性は今のところ低いと思われます。

ちなみに、少し前にはXperia 5 IVにSnapdragon 8 Gen1+が搭載されるものの、カメラスペックは5 IIIから据え置き、という気になるリーク情報もありました。

ただ、Xperia 1 IVに無印のSnapdragon 8 Gen1が搭載され、弟分のXperia 5 IVにSnapdragon 8 Gen1+が搭載というのはいささか不自然な気も。

そうなると、もしSnapdragon 8 Gen1+搭載のXperiaが存在するのであれば、搭載モデルが2022年版のXperia Proシリーズモデルというのはしっくりくるように感じます。

ソース:Weibo

Androidスマホ全般
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました