Snapdragon 8 Gen1 Plusの性能はGeekbenchマルチコア 4000超え!高性能コアの若干のクロックアップで

TSMCの4nmプロセスで製造、早ければ来月にも発表されると言われているSnapdragon 8 Gen1 Plus。

サムスン製のSnapdragon 8 Gen1の歩留まりの低さから、早々に同チップセットと入れ替わると言われており、6~7月にもこのチップセットを搭載したモデルが登場。
一部では、次期Xperiaフラッグシップにまで搭載されるといった噂すらでてきています。

一方、このSnapdragon 8 Gen1 PlusことSM8475についてはまだ詳しいスペックなどは判明しておらず、性能面でどの程度レギュラーモデルがから向上するのかも未知数。

そんな中、Weibo上でこのSnapdragon 8 Gen1 Plusの性能について興味深いシミュレーションを行った投稿が見つかりました:

これは、Snapdragon 8 Gen1 Plusのコア・アーキテクチャーをシミュレーションしたものとのことで、パフォーマンスコア(Cortex-A710)のクロックスピードをレギュラー版の2.5GHzから2.55GHzにクロックアップしたものの模様。

ご覧のようにシングルコアは約1300ポイント、マルチコアは4000ポイントを超えており、これはレギュラーのSnapdragon 8 Gen1では出せないスコアです。

ちなみに参考までにSnapdragon 8 Gen 1を搭載のXiaomi 12のGeekbenchベンチマークスコアは以下のような感じ:

平均スコアは良くてシングルコアが1100ポイント台、マルチコアが3400~3500ポイントといったところでしょうか。

つまり、今回のシミュレーション通りであれば、Snapdragon 8 Gen1+の性能はパフォーマンスコアの若干のクロックアップだけでベンチマーク上の性能が2割前後もアップする、ということに。

ちなみに今回のシミュレーションで使われたのはおそらくDimensity 9000搭載のRedmi K50 Pro+。

ご存知の方も多いと思いますが、Snapdragon 8 Gen1とDimensity 9000のコア構成は全く同じで異なるのはクロックスピードのみ:

Snapdragon 8 Gen1Dimensity 9000
1x 3 GHz – Cortex-X2
3x 2.5 GHz – Cortex-A710
4x 1.8 GHz – Cortex-A510
1x 3.05 GHz – Cortex-X2
3x 2.85 GHz – Cortex-A710
4x 1.8 GHz – Cortex-A510

理屈上はDimensity 9000のクロックスピードを調整することで、Snapdragon 8 Gen1 Plusの性能をシミュレートすることができる、というのが今回の趣旨だと思います。

もちろん、チップセットのパフォーマンスは発熱抑制は放熱、その他の要素にも影響されるので、実際にSnapdragon 8 Gen1 Plusがこの性能を出せるという保証はありません。

ただ、それにしてもたった0.05GHzのクロックスピードアップでこれだけスコアが変わるというのは驚きです。

ソース:Weibo

コメント

タイトルとURLをコピーしました