Xiami MIUI13アプデ後に電池の最適化が消えた、LINEの通知が来ない問題の対処法

Xiaomi/Redmi向けの最新OS、MIUI13。

国内でも複数の機種に提供済みとなっており、バッテリー持ちの向上といった改善の報告も見られる一方で、不具合ではないものの不便になった点、不満点についても報告が増えてきました。

中でも目立つのがMIUI13アップデート後に「電池の最適化」の設定項目が消えてしまった、というもの。

そしてもう一つ非常に多いのがMIUI13にしてからLINEの通知が来ない、もしくは来ない頻度が増えた、というものです。

「電池の最適化」はMIUI13で削除

まず、MIUI13ではこの「電池の最適化」の設定項目自体がなくなっています

よって、これ自体はバグでも不具合でもなく、どうしようもありません。

ただ、他のメーカーの機種ではAndroid 12アップデート後も 「電池の最適化」 が残っているので、なぜMIUIだけでこのような仕様になったのかは不明です。

MIUI13でLINEなどの通知が来ない問題の対処法

一方、MIUI13アプデ後にLINEなどの通知が来なくなった、というのもどうやらこの「電池の最適化」削除と関連している模様。

というのも、LINEに限ったことではありませんが、アプリからの通知が来ない主な原因の一つとして有名なのはシステムによるバックグラウンドアプリの強制終了機能。
これにより、アプリが完全にキルされてしまい通知が来ない、もしくは極端に遅くなることがあります。

そのため、AndroidではLINEなどの通知をリアルタイムで受け取りたいアプリについては「電池の最適化」で「最適化しない」に設定をするのが一つの常識となっています。

しかし、MIUI13ではこの項目自体が消えてしまい、これが間接的にLINEなど一部アプリの通知が来ない問題の原因になっているようです。

ただ、代わりにMIUI13では以下の方法で通知が来ない問題が改善する模様:

  • LINEアプリのアイコンを長押し→「アプリ情報」→「自動起動」→オンに
  • 該当アプリのアイコンを長押し→「アプリ情報」→「バッテリーセーバー」→「制限なし」に

なお、これらの設定は「設定」→「バッテリーとパフォーマンス」→「バッテリー」→「アプリバッテリーセーバー」からも設定可能。

つまり、どうやらMIUI13では「電池の最適化」という設定項目はなくなったものの、電池の最適化そのものをしなくなった、というわけではなく、むしろ先の方法で変更をしない限りデフォルトで電池の最適化対象に入ったままに。

そしてこれが分かりにくいためLINEなどのバックグラウンドアプリが勝手に終了し、通知が来なくなるという現象が起きているようです。

Xiaomi・Redmi・POCO
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント