Android 13ではメディアをワンタッチ転送、新機能「タップして転送」が搭載されるかも

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年の次世代AndroidOS、Android 13。最初のプレビュー版リリースもまだ少し先ですが、同OSに搭載される可能性のある新機能については少しずつ情報が出てきているといった感じです。

そして今回、Android PoliceがこのAndroid 13で新たに実装される可能性のある興味深い機能について伝えていました。

今回同サイトが伝えたのは 「メディアTTT」 という機能で、「TTT」はTap To Transferの略。
日本語でいうと「タップしてメディア転送」といったところでしょうか。

文字通り、「タップ」することで動画や音楽などを別の端末で再生する、というものようですが、まだ具体的にどのように機能するのかは分かっていない部分も多いとのこと。

既存の機能としては「Home」アプリから動画や音楽、もしくは表示中の画面などをChromecastやアシスタント接続のスピーカーに転送再生・表示するものがありますが、今回の機能ではスマホ間やタブレットなどへの転送も可能になるのかもしれません。ある可能性もありますが

なお、上のでも画像でもデバイスから遠すぎる場合は、近づくように指示され、また、メディア再生の転送が完了すると、元に戻すオプションとともに指示される、という仕様になっている模様。

ただ、同サイトはこの機能はすでにiPhoneのHomePod機能に似たものになるのではないかと予想しているようです。

ソース:Android Police

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Androidスマホ全般
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました