Xperiaは非対応 PixelやGalaxy向けのPro仕様カメラアプリが無料提供開始

オーストラリアに本社を置く総合映像機器メーカーBlackmagic Designが6月24日、Android用のカメラアプリ「Blackmagic Camera」を発表。無償配布を開始しました。

Blackmagic Cameraは、デジタルフィルムカメラのコントロールと画像処理機能を追加し、「ハリウッドの劇場映画のようなシネマライクなルックを作成できる」ことを売りにしたプロ仕様のカメラアプリで、プロのデジタルフィルムカメラと同様の操作性が得られるとのこと。

タップ一回でフレームレート、シャッターアングル、ホワイトバランス、ISOなどの設定を調整でき、8Kまでの業界標準のファイルフォーマットに対応。

直接Blackmagic Cloudに収録することも可能でBlackmagic Cloud Storageに収録することで、世界各地のエディターと同時にDaVinci Resolveプロジェクトで共同作業を行えるとのことです。

カメラ素人の私に使いこなせる自信は皆無ですが、ざっと機能を見た感じ、Xperia 1/5シリーズのPro仕様カメラアプリに匹敵する細かな撮影設定が可能な模様。

なお、同アプリの公式サイトによると、このアプリは日本語にも対応。

ただ、対象機種はまだ限定的でGalaxyスマートフォンではGalaxy S23シリーズとGalaxy S24シリーズ。PixelスマートフォンではPixel 7シリーズとPixel 8シリーズのみに対応

ハイエンドモデルでも国内展開されているXperiaやAQUOSといった他のAndroidスマートフォンには現状では非対応で、今後の対応予定なども明らかにはされていません。

Pro仕様カメラアプリ、と言えば、Xperia 1 VIでは従来の「Photo Pro」「Video Pro」「Cinema Pro」という3つのカメラアプリが廃止されました。

一方、そのタイミングでライバル機種には対応したプロ仕様のサードパーティ・カメラアプリが提供されるというのは、偶然だとは思いますが、なにか皮肉なものを感じます。

コメント