Xperia 1 VIはやはりデザイン一新、背面カメラカバー廃止に前面複眼カメラ「Micro Matrix」採用か

ソニーモバイルの2024年前半フラッグシップ、と言えば、結局5月ごろの発表・リリースとなりそうな仮称「Xperia 1 VI (マーク6)」。

今回、同モデルのものと思われる謎の画像がReddit上で発見されました。

Xperia 1 VI

これ、現時点では「コンセプト画像」なのか「リーク画像」なのか判然としませんが(「公式」でないことは確か)、なかなか「現実的」なデザインに見えます。

ボディーの輪郭自体はXperia 1 Vとほとんど違いがなさそうですが、全体の雰囲気がかなり異なり、その理由は背面カメラ周りのデザイン。

ご覧のように、Xperia 1シリーズの特徴の一つであった従来のピル型のカメラカバーがなくなっており、最近のGalaxy Sシリーズのようにカメラレンズのみが出っ張った形に。

さらに興味深いのは前面のデザインで、画像を拡大すると上下ベゼルの左側に3つの小さなカメラレンズと思われるものが写っています。

以前より、ソニーではスマホのフロントカメラ向けに極小複眼カメラ「Micro Matrix」を開発しているという噂があり、最新の情報ではすでに量産体制に入っているともいわれています。

2024年の新型プレミアムフラッグシップに関しては、以前よりネーミングルールだけでなく、デザインでも大幅な変更があるという噂があります。

仮称「Xperia 1 VI」が実際に今回の画像に近いものであれば、過去モデルのデザインコンセプトを引き継ぎつつもデザイン的には十分「大幅」な変化と言えそうです。

ソース:Reddit

XperiaXperia 1 VI
スマホダイジェストをフォローする

コメント