Xperia 1 IVのAndroid 14アプデは「神アプデ」?ベンチマーク性能が大幅向上との報告

先日、海外の一部のXperia 1 IV、5 IV、10 IVに対して提供が開始されたAndroid 14アップデート。

今回、このOSアップデートによってXperia 1 IVの性能が大きく向上した、という興味深い情報が見つかりました。

以下は欧州版のXperia 1 IV (XQ-CT54)のユーザーがAndroid 14へのアップデート後に測定したGeekbenchにおけるベンチマークスコアを投稿していたもの:

スコアはシングルコアが1750ポイント、マルチコアが4185ポイントなっています。

他のAndroid 13搭載のXperia 1 IVと比べてみるとわかりますが、これ、Snapdragon 8 Gen 1搭載のXperiaとしては相当なハイスコア。

かなりばらつきはありますが、Android 13搭載のXperia 1 IVの平均的なマルチスコアのスコアは3500前後といったところ。

一方、今回のスコアはそれよりも2割程度もスコアがアップしており、これはかなり大幅な性能向上と言えそうです。

たまたま極端に低いスコアが出る、というのはよくあることですが、逆に平均値から大きく乖離した好スコアが出る、というのはかなりレアです。

また、この結果は発熱問題などが改善され、パフォーマンスが大きく向上したと言われているSnapdragon 8+ Gen 1よりも高いスコアです。

ちなみに今のところ、Android 14搭載のXperia 1/5 IVのベンチマークスコアはソフトバンク版のXperia 5 IV (A204SO)のものが見つかっており、こちらもスコア(特にシングルコア)はかなり高め

まだサンプル数が少ないので確実とまでは言えませんが、Xperia 1 IVや5 IVがAndroid 14アップデートによってある程度の性能がアップした、という可能性はかなり高そうです。

また、今回のベンチマークスコアをReddit上に投稿したユーザーによると、Android 14アップデート後のXperia 1 IVは動作が早くなり、発熱もほとんどしなくなったとのこと。

一方、最新のXperia 1/5 Vで特にアップデート後にベンチマーク上の性能が向上したといった報告はありません。

元々発熱問題、それによるスロットリングといった問題が報告されていたSD8Gen1搭載のXperia 1 IV/5IVですが、今回のAndroid 14アップデートによって何らかの大幅な調整を行ったという可能性もありそうです。

Android 14Android 15Xperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント