HyperOS提供対象となるXiaomi/Redmiモデル第2弾が判明、合計100機種近くに

シャオミのMIUIに代わる新世代OS、HyperOS。

先日、来年初めにもこの最新OSアップデートが提供される機種がいくつか明らかになっています。

しかし今回、このHyperOSアップデートの第二弾が提供される機種が新たに判明した模様です。

Xiaomi

  • Mi Mix Fold
  • Xiaomi Mix 4
  • Xiaomi 12S Ultra
  • Xiaomi 12S Pro
  • Xiaomi 12S
  • Xiaomi 12 Pro Dimensity
  • Xiaomi 12 Pro
  • Xiaomi 12
  • Xiaomi 12X
  • Xiaomi 11 Ultra
  • Xiaomi 11 Pro
  • Xiaomi 11
  • Xiaomi 11 Lite 5G NE
  • Xiaomi 10S
  • Xiaomi 10 Ultra
  • Xiaomi 10 Pro
  • Xiaomi 10
  • Xiaomi Civi 3
  • Xiaomi Сivi 2
  • Xiaomi Civi 1S
  • Xiaomi Civi

Redmi

  • Redmi K60E
  • Redmi K50 Ultra
  • Redmi K50 Gaming
  • Redmi K50 Pro.
  • Redmi K50
  • Redmi K40S
  • Redmi K40 Gaming
  • Redmi K40 Pro+
  • Redmi K40 Pro
  • Redmi K40
  • Redmi Note 13 Pro+ 5G
  • Redmi Note 13 Pro 5G
  • Redmi Note 13 5G.
  • Redmi Note 13R Pro
  • Redmi 13R 5G
  • Redmi Note 12 Turbo
  • Redmi Note 12T Pro
  • Redmi Note 12 Pro speed edition
  • Redmi Note 12 Pro+ 5G
  • Redmi Note 12 Pro 5G
  • Redmi Note 12 5G
  • Redmi Note 12R Pro
  • Redmi Note 12R 5G
  • Note 12R
  • Redmi 12 5G
  • Redmi Note 11T Pro
  • Redmi Note 11 Pro
  • Redmi Note 11T Pro+
  • Redmi Note 11 Pro+
  • Redmi Note 11 5G
  • Redmi Note 11R
  • Redmi Note 11E Pro
  • Redmi Note 11E
  • Redmi 12C

タブレット

  • Xiaomi Pad 5 Pro 12.4
  • Xiaomi Pad 5 Pro SG
  • Xiaomi Pad 5 Pro
  • Xiaomi Pad 5
  • Redmi Pad SE
  • Redmi Pad

太字は日本で展開されている機種。

今回新たにアップデート対象となったのは80機種以上。
これで、Xiaomi製スマートフォン・タブレットは100機種近くがHyperOSアップデート対象になることになります。

ただ、これらすべてがAndroid 14ベースのHyperOSとなるとは限らないので、いくつかベースOSはAndroid 13のままの機種もありそうです。

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント