ソニーがスナドラ8Gen3搭載の次世代Xperiaフラッグシップをリリースすることが「確定」

昨晩正式発表されたクアルコムの次世代ハイエンド向けチップセット、Snapdragon 8 Gen 3。

発表内容自体はほとんど事前リークされていた通りで、これといったサプライズはありませんでした。

ただ、同時にリリースされたこのSD8Gen3に関するプレスリリース内で、同チップセットを搭載するスマートフォンを展開するメーカー、ブランドが明らかにされていました。

2024年のスナドラ8Gen3搭載Xperiaのリリースが確定

以下はSnapdragon 8 Gen 3搭載機を展開するメーカーあるいはブランド:

ASUS
Honor
iQOO
MEIZU
NIO
Nubia
OnePlus
OPPO
realme
Redmi
RedMagic
Sony
vivo
Xiaomi
ZTE
(太字は国内展開されているメーカー・ブランド)

そして国内メーカとして唯一、SONYの名前が挙がっています

例年通りであれば、2024年のソニー製機種としてはSD8Gen3搭載のXperia 1 VIやXperia 5 VI(いずれも仮称)がリリースされるはずなので、これはこれといったニュースではありません。
が、これはあくまで過去のパターンからの推測。

しかし今回、ソニーが2024年にSnapdragon 8 Gen 3搭載のハイエンドモデルを少なくとも1機種はリリースすることが確定した、ということに。

そして少なくとも来年ソニーがスマホ事業から撤退、という可能性も消えたことになります。

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました