Oppoスマホが初快挙!?Find X6 ProがDXOMarkで初のトップ評価

Oppoが先日正式発表をしたSnapdragon 8 Gen2搭載のフラッグシップモデル、Oppo Find X6 Pro。

6.82インチの大型モデルで、スペック的にも「全載せ」といった感じの同社最上位モデルです。

そして今回、このOppo Find X6 Proのカメラ評価がDXOMark上に掲載されていました。

同サイト上でのFind X6 Proの総合カメラ評価は153ポイント。
1ポイントという僅差ではありますが、DXOMarkのカメラ評価でトップを獲得しました。

ライバル機などと比較すると:

Galaxy S23 UltraやPixel 7 Pro、iPhone 14 Pro Maxなどなどの競合機種から頭一つ抜けた評価、といった感じ。

また、内訳をみるとテクスチャおよびボケの評価が非常に高くなっていることがわかります。

さらに以下は同サイトによるこのFind X6 Proの長所・短所まとめ:

長所
写真、ズーム、ビデオで、低照度下でも優れたディテールを実現します。
あらゆる条件下で、画像ノイズを良好にコントロール
写真・動画で信頼性の高い高速オートフォーカスを実現。
被写体のディテールがよくわかる、いいボケ味
効果的な動画手ブレ補正

短所
逆光のポートレート写真でコントラストが不足する。
写真や動画で露出が不安定になることがある
被写界深度が浅いため、集合写真では遠くから撮影しないと全員にピントが合わない
条件によっては不自然な肌色
キャプチャ画像とプレビュー画像のダイナミックレンジの違い

ちなみに、確証はありませんが、私が覚えている限り、Oppo製スマートフォンが同サイトのカメラ評価でトップスコアを獲得した例というのは過去になかったように思えます。

よって、このOppo Find X6 ProはOppoスマホとして初の快挙とも言えそうです。

一方、このOppo Find X6 Proは今のところ、中国以外での発売予定はないと報じられています(公式情報かは不明)。

よって、日本でのリリースの可能性もほぼゼロとったところですが、非常に気になる存在ですね。

ソース

Oppo
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました