Xperia 1 IVと5 IVに待望のアノ機能が追加?Android 13で「ダイナミック・ディスプレイ」に搭載か

昨日、Xperia 1 IVおよびXperia 5 IVへの「提供開始」がソニー公式からアナウンスされた最新OS、Android 13アップデート。

公式情報からこのAndroid 13では、これらのXperia機種に何らかの新機能が追加されることは確実といって良いと思いますが、現時点ではまだ実際にアップデートの提供が開始されたという報告は入っておらず、その内容についてはまだ不明。

そんな中、このAndroid 13アップデートによりXperia 1 IV/5 IV追加される可能性のある興味深い新機能についての情報がReddit上でみつかりました。

元の投稿はなぜか削除されているようですが、どうやらXperia 1 IV/5 IVではAndroid 13アップデートにより「ダイナミックディスプレイ」という機能が新搭載され、確証はないものの、これはディスプレイの可変式リフレッシュレートを指しているようです。

可変式リフレッシュレートはGalaxy S22シリーズなど、他の一部のハイエンドモデルでは実装されている機能で、文字通り、表示するコンテンツにおいて画面のリフレッシュレートが自動的に調整される、というもの。(Galaxy S22 Ultraは10Hz~120Hzと言われています)

一方、Xperia 1 IVも5 IVも120Hz駆動には対応しているものの、「可変式」ではなく、オプションとしては60Hz表示か低残像設定をオンにして120Hz表示のいずれかしか選べません。(120Hz表示にしていても発熱などで強制的に60Hz表示に落とされることはあります)

この可変式リフレッシュレートは必要以上に画面を更新しない、という点で発熱やバッテリー消費の制御に効果があると言われており、Xperiaユーザーの中にも対応を望む声が度々見られました。

そういった意味で、もし今回のAndroid 13アップデートでこれらの最新Xperiaに可変式リフレッシュレートが実装されれば、同アップデート最大の進化点、と言えるかもしれません。

Xperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント