2023年の次世代OS、Android 14 “U”のコード名は「逆さまケーキ」

Googleの最新OSと言えば、Android 12。
そして次世代OSと言えばAndroid 13で、現在ベータ版開発が進んでいます。

しかし今回、ぞの次世代OS、Android 14 “U”の開発が始まっており、そのコード名が発見されたようです。

Android OSはかつてはそれぞれのバージョンにデザート/スイーツにちなんだ公式ニックネームが付けられていましたが、Android 10以降は廃止。しかし、これらのデザートのコードネームは、今でも社内で使われており、Android 12は「Snow Cone」、Android 13は「Tiramisu」、そして今回、Android 14は「Upside Down Cake」であることが判明したとのこと。

ちなみにAndroid OSの過去のネーミングは以下のようになっています:

Android 1.5: Cupcake
Android 1.6: Donut
Android 2.0: Eclair
Android 2.2: Froyo
Android 2.3: Gingerbread
Android 3.0: Honeycomb
Android 4.0: Ice Cream Sandwich
Android 4.1: Jelly Bean
Android 4.4: KitKat
Android 5.0: Lollipop
Android 6.0: Marshmallow
Android 7.0: Nougat
Android 8.0: Oreo
Android 9: Pie
Android 10: Quince Tart
Android 11: Red Velvet Cake
Android 12: Snow Cone
Android 13: Tiramisu
Android 14: Upside Down Cake

「Upside Down Cake」ですが、そのまま直訳すると「上下逆のケーキ」ということになり、なんじゃそりゃ?といった感じ。

ちなみに私は全く知らなかったのですが、この「アップサイド・ダウンケーキ」というのはアメリカなどでは一般的らしく、ケーキを焼く際にそこにパイナップルなどのフルーツを敷き詰めて焼き、焼き上がったらひっくり返して(アップサイドダウンにして)果物の側を上にして出すためそう呼ぶのだそう。

うーん、なんかお腹が減ってきました。

ソース:XDA

Androidスマホ全般
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました